2014 の SQL Server またはそれ以降の名前解決での変更のためのクライアント接続の問題

現象

SQLNCLI11.dll に MSODBCSQL11.dll、または SQL Server 2014 またはそれ以降の Microsoft SQL Server の以前のバージョンから移行することを想定しています。このような場合は、クライアント プロバイダーが、サーバー名を解決する方法に変更があります。さらに、認証が行われる方法が変更されます。

システムの構成によってこの変更は、新規のクライアント ドライバーを使用しているアプリケーションの接続を影響可能性があります。これには、いくつかの SQL Server 2014 または SQLCMD など、後のユーティリティが含まれます。EXE、BCP を使用します。EXE、OSQL.EXE] をクリックし、接続パラメーターによって異なります。

原因

クライアント プロバイダーの以前のバージョンでは、統合認証の逆引き参照を実行します。この現象には、セキュリティ上の潜在的な影響があるため、新しいクライアント ドライバーに戻る NTLM 認証、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用しない場合。

回避策

「現象」に記載されている状況で発生する接続の問題の 2 つの回避策があります。

方法 1

FQDN を使用して、サーバーに接続します。これにより、接続で使用されている名前です。したがって、使用されている認証方法を強制もします。

方法 2

サーバー名のサーバー プリンシパル名 (SPN) を設定します。SPN を登録する方法の詳細については、「 Kerberos 接続用のサービス プリンシパル名を登録する」を参照してください。

Spn の例:

MSSQLSvc/SERVER_NAME:port

MSSQLSvc/SERVER_NAME

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×