2016 の Exchange Server 2013 で障害が発生したプローブのログの状態のメールボックスのパスワードが公開されています。

現象

2016 の Microsoft Exchange Server および Exchange Server 2013 を監視するためのプローブを使用することを想定しています。失敗したプローブと稼働状態のメールボックスのサービスのアカウントとパスワードの詳細を記録すると、パスワードがプレーン テキストで表示されている場合もあります。失敗した ActiveSync プローブの詳細情報の例を以下に示します。

呼び出す MonitoringProbe の識別情報:"ActiveSync.Protocol\ActiveSyncDeepTestProbe"– サーバー:サーバー名|fl
RunspaceId: RunspaceId
サーバー:サーバー名
MonitorIdentity: ActiveSync.Protocol\ActiveSyncDeepTestProbe
要求 Idの要求 id を指定します。
エラー: エラーが発生しました。
ユーザー:ユーザー名
パスワード:パスワード
ターゲット: RequestURL
応答: < 設定 xmlns ="設定:">< ステータス >StatusValue</ステータス ></設定 >

原因

この問題は、パスワードはプローブ メッセージで正しく処理されないために発生します。

解決策

この問題を解決するには、以下の更新プログラムのいずれかをインストールします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

用語についてMicrosoft を使用して、ソフトウェア更新プログラムについて説明することです。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×