2020 年 11 月 19 日 - KB4586819 (OS ビルド 18362.1237 および 18363.1237) Preview

リリース日:

バージョン:

2020/11/19

1903-OS ビルド 18362.1237 および 1909-OS ビルド 18363.18363.1237

11/10/20
大事な
祝日と西年の間の動作は最小限なので、2020 年 12 月のプレビュー リリース ("C" リリースと呼ばれる) は提供できません。 2020 年 12 月には、月次セキュリティ リリース ("B" リリースと呼ばれる) がリリースされます。 B リリースと C リリースの両方の通常の月次サービスは、2021 年 1 月に再開されます。

11/19/20
Windows 更新プログラムの用語については、Windows更新プログラムの種類と月次品質更新プログラムの種類に関する記事を参照してください。 その他のノートやメッセージを表示するには、Windows 10 バージョン 1903 の更新履歴ホーム ページを参照してください

メモ@WindowsUpdate して、新しいコンテンツがいつリリース情報ダッシュボードに公開されるのか確認します。

ハイライト

  • デバイスがタブレット モードのときに Chromium ベースの Microsoft Edge ブラウザーがバックグラウンドで開く原因となる問題を更新します。

  • デバイスをロックする前にナレーターが使用されている場合に、デバイスのロックを解除した後にナレーターが応答しなき問題を更新します。

  • 空間オーディオを使用するゲームの動作が停止する可能性がある問題を更新します。

  • 低解像度モードで実行される Windows Mixed Reality ヘッドセットの画質を更新します。

強化された機能と修正された問題

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。 重要な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10 バージョン 1903 のすべての改善が含まれています。

  • このリリースでは、その他の問題は文書化されません。

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の改善が含まれています。 重要な変更は、次のとおりです。

  • 更新Internet Explorerの [ユーザー情報] ダイアログボックスで、標準の最新のダイアログを使用します。

  • デバイスがタブレット モードのときに Chromium ベースの Microsoft Edge ブラウザーがバックグラウンドで開く問題を修正します。

  • デバイスをロックする前にナレーターが使用されている場合、デバイスのロックを解除した後にナレーターが応答を停止する問題を解決します。

  • Windows Virtual Desktop (WVD) ユーザーがサインインしようとすると黒い画面が表示される問題を修正します。

  • Microsoft Changjie を使用すると、スタック オーバーフローが原因でアプリの動作が停止する問題を解決します。

  • Windows デバイスと同じネットワーク上にある特定の IP カメラの設定が誤って変更される可能性がある問題を解決します。

  • 空間オーディオを使用するゲームの動作が停止する可能性がある問題を解決します。

  • 特定のアプリケーションで予期しない動作が発生するグラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) フォント ハンドルの漏洩に関する問題に対応します。

  • モバイル デバイス管理 (MDM) を使用してタイル グループを設定するときに発生する、[スタート] メニュー レイアウトに適用されているグループが見つからない問題を解決します。

  • ローカルの背景を単色として指定すると、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) によって構成されたデスクトップの壁紙を設定できない問題を修正します。

  • エクスプローラーで [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを使用し、以前のバージョンの機能を利用できる共有フォルダーを参照すると発生する、過剰なネットワーク トラフィックの問題を解決します。

  • シェル名前空間拡張製品の検索バーで、エクスプローラーが予期せず動作しなくる問題を修正します。

  • 特定のサーバーでサインインを妨げる問題を解決します。 これは、コンピューター セッションの開始を強制的に対話的にするグループ ポリシーを有効にした場合に発生します。

  • ms-settings:signinoptions-launchfaceenrollment URI を使用してサインイン オプション ページを開けない問題を修正します。

  • イベント転送サブスクリプションを更新するために wecutil ss /c: コマンドを使用0x57エラーが発生する問題を修正します。

  • ユーザー設定がデバイス間で同期されるのを妨げる可能性がある問題に対応します。

  • ロック画面の "ピンを忘れた" 機能が失敗する問題を修正します。 このエラーは、ユーザーがユーザー名とパスワードを使用してサインインし、DontDisplayLastUserName または HideFastUserSwitching ポリシー設定が有効になっている場合に発生します。

  • LookupAccountSid() API を呼び出す際にアプリケーションが失敗する問題を解決します。 これは、アカウントを前のドメインの名前より短い新しいドメインに移行した後に発生します。

  • コード整合性ポリシーを読み込むと、PowerShell が大量のメモリをリークする問題を解決します。

  • 起動時にシステムが動作を停止する問題を解決します。 これは、CrashOnAuditFail ポリシーが 1 に設定され、コマンド ライン引数の監査が有効になっている場合に発生します。

  • グループ ポリシーのセキュリティ設定を編集するときに、Microsoft 管理コンソール (MMC) グループ ポリシー アプリケーションが動作を停止する問題を解決します。 "MMC はスナップインを初期化できません" というエラー メッセージが表示されます。

  • システムの非ページ プールの解放に失敗し、システムの再起動が必要な問題を解決します。 これは、連邦情報処理標準 (政府情報処理標準) モードが有効な 32 ビット アプリケーションを実行する場合に発生します。

  • 条件付きアクセス ポリシー エラーが原因で、Google Chrome ブラウザーをAD Azure Active Directory (AD) へのアクセスを妨げる問題を解決します。

  • 低解像度モードで動作する Windows Mixed Reality ヘッドセットの画質が向上します。

  • Microsoft Defender for Endpoint のサポートを新しい地域に拡張します。

  • 分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) サービスが応答を停止する、Microsoft リモート プロシージャ コール (RPC) ランタイムの問題に対応します。 この問題により、DFS レプリケーション (5014)、RPC (1726)、再接続なし (5004) のログ イベントが生成され、既定のタイムアウトは 24 時間で、レプリケーションは行されません。

  • ワイヤレス プロジェクション セッション中にワイヤレス レシーバーが切断される問題を解決します。

  • PDF24 アプリバージョン 9.1.1 で .txt ファイルを開けない問題を修正します。

  • 一部のシナリオで、非ページ プール のメモリ リークを引き起こす可能性がある問題に対応します。

  • コンテナーのシナリオでファイルをコピーするときに、bindflt.sysメモリ リークを引き起こす可能性がある問題を解決します。

  • 有効な場合に証明書の透過性 (CT) ログが送信されない可能性がある Active Directory 証明書サービス (AD CS) の問題に対応します。

  • クラスターの検証で、クラスターの使用および再通信用ではない内部スイッチをテストする問題に対応します。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Update の機能強化

Microsoft は、信頼性を向上させるために、Windows Update クライアントに更新プログラムを直接リリースしました。 Enterprise エディションや Pro エディションなど、Windows Update から更新プログラムを自動的に受信するように構成された Windows 10 を実行しているデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 これは、長期サービス エディションには適用されません。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

Windows 10、バージョン 1809 以降から新しいバージョンの Windows 10 にデバイスを更新すると、システム証明書とユーザー証明書が失われる可能性があります。 デバイスは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の累積的な更新プログラム (LCU) を既にインストールしている場合にのみ影響を受け、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストール ソースから、新しいバージョンの Windows 10 への更新に進みます。 これは主に、管理対象デバイスが Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint Configuration Manager などの更新管理ツールを使用して、古いバンドルまたはメディアを使用して更新された場合に発生します。 これは、最新の更新プログラムが統合されていない古い物理メディアまたは ISO イメージを使用する場合にも発生する可能性があります。

メモ Windows Update for Business を使用しているデバイス、または Windows Update に直接接続しているデバイスには影響はありません。 Windows Update に接続しているどのデバイスでも、追加の手順を実行することなく、最新の LCU を含む最新バージョンの機能更新プログラムを常に受け取る必要があります。

お使いのデバイスでこの問題が既に発生している場合は、次の手順に従って以前のバージョンの Windows に戻り、アンインストール ウィンドウ内で問題を軽減 できます。 アンインストール ウィンドウは、環境の構成と更新するバージョンによっては、10 日または 30 日になる場合があります。 その後、環境で問題が解決した後、新しいバージョンの Windows 10 に更新する必要があります。 メモ アンインストール ウィンドウ内で、DISM コマンド /Set-OSUninstallWindow を使用して、以前のバージョンの Windows 10 に戻す必要がある日数を増やします。 既定のアンインストール ウィンドウが 経過する前 に、この変更を行う必要があります。 詳細については 、DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンド ライン オプションを参照してください

解決に取り組み、数週間以内に更新されたバンドルと更新されたメディアを提供する予定です。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、オペレーティング システムに応じた最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールするよう強くお勧めしています。 SSUs は、LCU のインストール中に発生する可能性のある問題を軽減するために、更新プロセスの信頼性を向上します。 SSU の一般的な情報については 、「サービス スタックの更新とサービス スタック更新プログラム (SSU):よく寄せられる質問」を参照してください

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU(KB4586863)が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update カタログで 検索します

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次のステップ

Windows Update または Microsoft Update

Windows Updateの [設定>更新&セキュリティ>に移動します。 利用可能な オプションの更新プログラム 領域には、更新プログラムをダウンロードしてインストールするリンクが表示されます。

Microsoft Update カタログ

この更新プログラムの単体パッケージを取得するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムを WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログ を参照してください。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4586819のファイル情報をダウンロードします。 

注意 CSV ファイルの [ファイル バージョン] 列に "該当しない" ファイルが誤って含のいくつかのファイルがあります。 サード パーティ製のスキャン検出ツールを使用してビルドを検証すると、誤検知や誤検知が発生する可能性があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×