現象

Microsoft Exchange Server 2019、2016、または 2013 の April 2021 セキュリティ更新プログラム (以降の更新プログラム) をインストールすると、アプリケーションから次のいずれかのエラー メッセージが返されます。 

メッセージ 1

この runspace では、構文はサポートされていません。 これは、Runspace が言語なしモードの場合に発生する可能性があります。

メッセージ 2

例外が発生しました System.Management.Automation.RemoteException: 構文は、この実行空間ではサポートされていません。 これは、Runspace が言語なしモードの場合に発生する可能性があります。 at System.Management.Automation.Runspaces.AsyncResult.EndInvoke() at System.Management.Automation.PowerShell.CoreInvokeRemoteHelper[TInput,TOutput](PSDataCollection'1 input, PSDataCollection'1 output,

この状況では、アプリケーションはリモート PowerShell を介して、リモート PowerShell を使用して、アプリケーションを実行しているサーバーから情報を取得Exchange Server。 場合によっては、アプリケーションが応答を停止します。

原因

Exchange 管理コンソールベースのサーバー上Exchangeエンドポイントが FullLanguage モードから NoLanguage モードに変更されました。 リモート PowerShell の FullLanguage モード機能を使用するアプリケーションでは、リモート PowerShell 呼び出しを処理するときに、「現象」セクションで説明されているエラーが発生する場合があります。

解決策

この問題を解決するには、アプリケーション開発者は、アプリケーションを更新して、新しいより制限の厳しい状態の Exchangeがあります。 

さらに、次のいずれかのソリューションを使用することをお勧めします。

  • .invoke()を使用する呼び出しもすべて 使用してください。ではなく AddCommand()を追加します。AddScript()。 詳細については、「PowerShell about_Language_Modes」のガイダンスを参照|Microsoft Docs

  • .invoke() を使用する代わりに、インポート されたセッションを実装します。 詳細については、David-Barrett-MS/ExchangePowerShellAutomationSample https://github.com/David-Barrett-MS/ExchangePowerShellAutomationSample を参照GitHub。 この Web ページでは、リモート PowerShell に接続し、プログラムでコマンドレットExchangeする方法を示すサンプル アプリケーションを提供します。  

詳細情報

2021 年 4 月のセキュリティ更新プログラムの詳細については、「チーム ブログ」のExchangeを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×