33601 サービス マネージャーでの SLA のワークフローを処理するときのイベント ID

現象

サービス レベル契約 (SLA) のワークフローを処理している場合は、Operations Manager ログに次のエラーが記録されます。

Operations Manager のログ名:
SMCMDB サブスクリプション ・ データ ・ ソース ・ モジュールのソース:
イベント ID: 33601
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: コンピューター名

説明:
データベースのサブスクリプションの構成が正しくありません。
次のエラーが発生しました。
例外メッセージ: サブスクリプション構成エラーが発生します。TargetType 要素の読み取りエラーです。エラー メッセージ: 無効な TargetType 属性が指定されています。ターゲットの種類の id 9bc85fd0-934c-bfdb-9643-63779a0f3742 は、抽象または最初のいずれかの非抽象基本型である必要があります。

1 つまたは複数のサブスクリプションは、これによって影響を受けた。

サブスクリプション名: WorkflowSubscription_9d183789_7944_49f2_b5fe_2d8f77ad6ddc
インスタンス名: ワークフローの SLA の目標: 表示名
インスタンス ID: {69CBC824-AA85-B123-58C3-A46F97E54BF7}
管理グループ: ManagementGroup

原因

この問題は、派生クラスを使用するサービス レベル目標 (SLO) が構成されている場合に発生する可能性があります。たとえば、サービス要求のクラスに基づくし、 SRNewClassという名前の新しいクラスを作成することを想定しています。サービス レベルの目標を作成すると、ウィザードの [全般] タブで [クラス] セクションからSRNewClassを選択し、ワークフロー処理中にイベント ID 33601 が返されます。

解決策

作成、SLO を構成すると、(たとえば、サービス要求など)、新しいクラスの派生元の基本クラスを選択します。"Queues"] は、サービス レベルの目標の作成ウィザード] のセクションで、これらのカスタム クラス サービス要求のルーティング先となる特定のキューを選択します。

詳細

テスト目的で、 SRNewClassクラスを使用して、新しいサービス リクエストを作成し、SLO で指定されているキューに割り当てます。サービス ・ レベルは、そのサービスの要求であるために、この要求に適用されます。サービス レベルの目標のキューおよびサービス要求の基本クラスを使用すると、指定されたキューに割り当てられているすべてのサービス要求に適用されるサービス ・ レベルを許可します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×