5.1 Windows Management Framework は、windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の更新プログラム

ここは、Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の Windows Management Framework (WMF) 5.1 の更新プログラムを説明します。

WMF 5.1 には、Windows PowerShell、WMI、WinRM、およびソフトウェア インベントリおよびライセンス (SIL) のコンポーネントが含まれています。WMF 5.1 には、すべての新機能とこれらの同じコンポーネントのバグの修正も含まれています。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードやインストールでのみ使用します。

ダウンロードした更新プログラムの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 3191566

  • 32 ビット バージョンの Windows 7 では、 Win7 の KB3191566 の x86.zipファイルをダウンロードします。

  • Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の 64 ビット バージョンのWin7AndW2K8R2-KB3191566-x64.zipのファイルをダウンロードします。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 4.5.2 がインストールされている必要があります。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

関連情報

Windows Management Framework (WMF) 5.1 のリリース ・ ノート

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用しているについて説明します。
 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×