Access 2007 で直線を含むレポートやフォームのセクションの高さが、直線の配置により増加することがある

現象

Microsoft Office Access 2007 でレポートやフォームを編集しているときに、詳細などのセクション内に直線コントロールを配置して次に示す値を設定すると、そのセクションの [高さ] が直線コントロールの [上位置] に約 0.026 cm 追加された値になります。

直線コントロールのプロパティ設定
[高さ] : 0 cm
[上位置] : (セクションの [高さ] - 0.026 cm) よりも大きい値たとえば、詳細セクションの高さが 1 cm の場合、直線コントロールの [上位置] が 0.975 cm 以上でこの現象が発生します。この場合、直線コントロールの [上位置] を 0.975 cm にすると、詳細セクションの [高さ] が 1.002 cm に変更されます。

なお、この現象は四角形などの別のコントロールでは発生しません。 また、以前のバージョン (Access 2000、Access 2002 または Access 2003) では発生しません。

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

再現手順

結果

詳細セクションの [高さ] プロパティが、1.026 cm と表示されます。

以前のバージョンの Access では、詳細セクションの [高さ] は 1 cm のままです。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×