現象

以前のバージョンの Access で 作成した Access データベースを Microsoft Access 2010 または Microsoft Office Access 2007 SP3 で開くと、テーブルへの編集操作 (追加、更新、および削除) をする際に、初回のみ以下のエラー メッセージが表示され、操作が中断されます。

その後、エラー メッセージを [OK] ボタンで閉じた場合は、同様の操作でエラーが発生することはありません。ただし、データベースを開き直すと、また初回のみエラー メッセージが表示され、操作が中断されます。

エラーメッセージ :
引数が無効です。

原因

この現象は、実際に 画面上で確認できるテーブルのフィールド数よりも多いフィールド数分の設定情報が保持されていると認識されるために発生します。

この情報は、Access 2010 および Access 2007 SP3 のデータベース エンジンである Access Database Engine の内部処理でのみ参照され、この情報を表示するための UI や参照するためのインタフェースは用意されていません。

回避策

この現象を回避するには、以下の手順にしたがって、テーブルをエクスポートし、新しいテーブルとしてインポートしてください。

  1. 現象が発生するテーブルを選択し、右クリックして、[エクスポート] をクリックし、[XML ファイル] をクリックします。


  2. [エクスポート] 画面の [ファイル名] に、エクスポート先を指定して [OK] をクリックします。


  3. [XML のエクスポート] 画面の以下のチェック ボックスをオンにし、 [OK] をクリックします。

    • データ (XML)

    • データのスキーマ (XSD)

  4. [エクスポート] 画面の [閉じる] ボタンをクリックします。


  5. 現象が発生するテーブルを選択し、右クリックして、[インポート] をクリックし、[XML ファイル] をクリックします。


  6. [外部データの取り込み] 画面の [ファイル名] に、インポート元を指定して [OK] をクリックします。


  7. [XML のインポート] 画面の、[テーブル構造とデータ] のオプション ボタンをクリックし、[OK] をクリックします。


  8. [外部データの取り込み] 画面の [閉じる] ボタンをクリックします。


  9. インポートしたテーブルを開き正しくデータがインポートされていることを確認します。正しくインポートされていない場合は、インポートしたテーブルを削除し、再度、手順 1 から作業してください。

  10. 現象が発生するテーブルを選択し、右クリックして、[削除] をクリックします。


  11. 新しく作成されたテーブルを選択し、右クリックして、[名前の変更] をリックします。


  12. 変更する名前を入力して Enetr キーを押します。


  13. データベース ファイルを、いったん閉じて再度開き、現象が発生するか確認します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×