現象

Exchange Server 2010 において、ActiveSync メールボックスポリシーの MaxEmailBodyTruncationSize または MaxEmailHTMLBodyTruncationSize を設定することでモバイル デバイスと同期する際の電子メールの本文サイズを制限できます。既定値は unlimited です。

これらの値を変更および確認するには、Exchange 管理シェルまたは Exchange 管理コンソールを使用します。


Exchange 管理シェルでの手順

・値の変更方法
Exchange 管理シェルを起動し、以下のコマンドを実行します。値は Bytes です。

Set-ActiveSyncMailboxPolicy <ポリシー名> -MaxEmailBodyTruncationSize <サイズ> -MaxEmailHTMLBodyTruncationSize <サイズ>

実行例) 4 KB に制限する場合
Set-ActiveSyncMailboxPolicy TestASP -MaxEmailBodyTruncationSize 4096 -MaxEmailHTMLBodyTruncationSize 4096

なお、KB (kilobytes), MB (megabytes) などの省略形でも設定可能です。
Set-ActiveSyncMailboxPolicy TestASP -MaxEmailBodyTruncationSize 4KB -MaxEmailHTMLBodyTruncationSize 4KB

・値の確認方法
現在の値を確認するには、Exchange 管理シェルを起動し、以下のコマンドを実行します。

Get-ActiveSyncMailboxPolicy <ポリシー名> | FL Identity, MaxEmailBodyTruncationSize, MaxEmailHTMLBodyTruncationSize
 
実行例)
Get-ActiveSyncMailboxPolicy TestASP | FL Identity, MaxEmailBodyTruncationSize, MaxEmailHTMLBodyTruncationSize

-------------------sample-------------------
Identity                       : TestASP
MaxEmailBodyTruncationSize     : 4096
MaxEmailHTMLBodyTruncationSize : 4096
-----------------------------------------------


Exchange 管理コンソールでの手順

1.    Exchange 管理コンソールを開きます。
2.    [Microsoft Exchange On-Premises]-[組織の構成]-[クライアント アクセス] を展開し、[Exchange ActiveSync メールボックス ポリシー] タブを選択します。
3.    対象のポリシーを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
4.    [同期の設定] タブを選択します。
5.    [電子メール サイズの上限(KB)] の値を確認、変更します。 

注意点 1) 設定値は 4096 と確認できますが、 4096 KB ではなく、 4096 Bytes (4 KB) となります。
注意点 2) MaxEmailHTMLBodyTruncationSize は Exchange 管理コンソールからでは変更および確認ができません。Exchange 管理シェルを使用する必要がございます。

alternate text

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×