App-v 5.0 で仮想化された環境内でプロセスを起動する方法

概要

Microsoft Application Virtualization 5.0 クライアントの一般的なトラブルシューティングタスク (App-v 5.0) は、App-v アプリケーションのコンテキスト内でプロセスを開くことによって、ローカルパッケージを調査または変更することです。  これは、"プロセスを開く" とも呼ばれます。  App-v 5.0 には、以前のバージョンの製品で利用できる手法とは大幅に異なるこのタスクを実行するための別の方法がいくつか用意されています。  以下で説明する各メソッドは、基本的に同じタスクを実行しますが、仮想化されたアプリケーションが既に実行されているかどうかによっては、一部のメソッドが他のアプリケーションに適している場合があります。

詳細情報

AppvClientPackage PowerShell コマンドレット

AppVVirtualProcess コマンドレットを使用して、パッケージ名を取得し、指定されたパッケージの仮想環境内でプロセスを開始できます ("<Package>" のパッケージ名に置き換えます)。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×