はじめに

この記事では、Site Recovery の次のバージョンの更新プログラム ロールアップ 59 で修正Microsoft Azure説明します。

必要条件

Site Recovery Microsoft Azure更新プログラム ロールアップ 59 をインストールするには、次のいずれかをインストールする必要があります。

  • Microsoft Azure Site Recovery プロバイダー (バージョン 5.1.6600 以降)

  • Microsoft Azure Site Recovery 統合セットアップ (VMware から Azure) (バージョン 9.42.xxxx.x 以降のバージョン)

  • Microsoft Azure Recovery Services エージェント (バージョン 2.0.9202.0 以降)

注:インストールされているプロバイダーのバージョンは、コントロール パネルの プログラムと機能で確認できます。

この更新プログラムで行われた機能強化と修正された問題

この更新プログラムをインストールすると、次の問題が修正され、次の機能強化が含まれています。

モビリティ サービス 

機能追加

  • Windows Server 2022 のサポートを、Azure から Azure へのレプリケーションと Azure への VMWare レプリケーションに対するマシンのオペレーティング システムのレプリケートとして追加しました。

修正された問題

  • 別のスナップショットの進行中に、アプリケーション整合性スナップショットの作成が失敗する問題を修正しました。

  • サービスの 1 つを停止できなかったため、構成サーバーの証明書の更新がポータルとツールの両方から失敗するエラーを解決しました。 

  • マニフェスト ファイルをインストールできなかった場合にモビリティ サービスのインストールに失敗する問題を修正しました。 

  • 以前の InMage Scout ビットが既にインストールされているマシンにモビリティ サービスをインストールするブロックを追加しました。

  • デバッグを簡単かつ迅速に行うログ メッセージを改善しました。 

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ]ASR レプリケーション アプライアンスの登録エラーで不完全なエラー メッセージが表示される問題を修正しました。 

  • ストレージ キーのローテーションが原因でレプリケーションが重大に変わった問題を修正しました。 

  • デバッグに役立つルート CA が見つからない場合に備え、正確な証明書名を追加しました。 

  • 複数のシナリオのエラー通知が改善されました。

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ]レプリケーションの反転中に実行された再同期が中断される問題を修正しました。 

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ]キャッシュ ストレージ アカウントにアクセスできないときに、レプリケーションの反転が失敗するのではなく進行しない問題を修正しました。 

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ]正常に登録されていない ASR レプリケーション アプライアンスもポータルに表示されるという既知の問題を修正しました。 

  • [VMware プレビュー アーキテクチャ]無効なフェールオーバー方向のエラーで PowerShell からの再保護が失敗する既知の問題を修正しました。

  • UEK カーネルを使用した Oracle Linux 8.4 のサポートを追加しました。

Microsoft Azure Site Recovery (サービス)

変更は追加されません。

Microsoft Azure Site Recovery (ポータル)

変更は追加されません。

Azure Site Recovery オンプレミス コンポーネントの更新

2 つのオンプレミス VMM サイト間

  1. Site Recovery プロバイダー用の最新のMicrosoft Azureをダウンロードする

  2. 最初に、復旧サイトを管理しているオンプレミスの VMM サーバーに更新プログラム ロールアップをインストールします。

  3. 復旧サイトを更新した後、プライマリ サイトを管理している VMM サーバーに更新プログラム ロールアップをインストールします。

注 VMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしてください。

オンプレミス VMM サイトと Azure の間

  1. Site Recovery プロバイダーの更新プログラムMicrosoft Azureをダウンロードします

  2. オンプレミスの VMM サーバーに更新プログラム ロールアップをインストールします。

  3. 最新の Microsoft Azure Recovery Services エージェントをすべての Hyper-V ホストにインストールします。

 VMM が高可用性 VMM (クラスター化 VMM) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしてください。

オンプレミスの Hyper-V サイトと Azure の間

  1. Site Recovery プロバイダーの更新プログラムMicrosoft Azureをダウンロードします

  2. Azure Site Recovery に登録した Hyper-V サーバーの各ノードにプロバイダーをインストールします。

注 Hyper-V がホスト クラスター化 Hyper-V サーバーである場合は、クラスターのすべてのノードにアップグレードをインストールしてください。

オンプレミスの VMware または物理サイトから Azure への間

  1. Site Recovery 統合セットアップ をダウンロードして、Microsoft Azure  管理サーバーを更新します。 これは、構成サーバーロールとプロセス サーバー ロールを持つサーバーです。

  2. スケールアウト プロセス サーバーがある場合は、Site Recovery 統合セットアップ を実行してMicrosoft Azure更新します

  3. Azure portal に移動し、[保護されたアイテム] >ページに移動します。 このページで VM を選択します。 各 VMのページの下部に表示される [エージェントの更新] ボタンを選択します。 これにより、保護されている VM すべてでモビリティ サービス エージェントが更新されます。

注: 自分の組織と、予定表の共有相手であるユーザーの組織が Office 365 または Exchange を介してフェデレーションされている場合、招待には 2 つのボタンもあります。SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3、SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4、RHEL5、CentOS 5、Oracle Linux 6、DEBIAN7、DEBIAN8、UBUNTU-14.04 マシンを更新または保護する場合は、次の手順に従ってください。

  1. マシンに適したインストーラーをダウンロードします。

  2. Virtual Machines をアップグレードまたは保護する前に、構成サーバーとスケールアウト プロセス サーバーの INSTALL_DIR\home\svsystems\pushinstallsvc\repository フォルダーにインストーラーをコピーします。 たとえば、構成サーバー/プロセス サーバーのインストール パスがC:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site Recovery

    • C:\Program Files (x86)\Microsoft Azure Site Recovery\home\svsystems\pushinstallsvc\repository

  3. インストーラーをコピーした後 、services.msc に移動、InMage PushInstall サービスを再起動 します。

注: 最新の変更がソース コンピューターに確実に読み込まれるには、モビリティ エージェントをアップグレードするごとに再起動をお勧めします。 これは必ずしも必須ではありません。 ただし、前回の再起動からのエージェント バージョンとターゲット バージョンの差が、最後の小数点以下の桁数で 4 より大きい場合は、再起動が必須です。 詳細な説明については、次の表を参照してください。

前回の再起動時のエージェントのバージョン

へのアップグレード

再起動は必須ですか?

9.25

9.27

必須ではありません

9.25

9.28

必須ではありません

9.25

9.29

必須ではありません

9.25

9.30


必須
最初にバージョン 9.29 にアップグレードしてから、バージョン 9.30 にアップグレードする前に再起動します (最後の再起動バージョンとターゲット バージョンの差が 4 より大きいので)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×