Azure Stack Hub のホットフィックス1.2002.53.144

概要

  • CVE-2020-1350で説明されているアドレス付き DNS サーバーの脆弱性。

以前の修正プログラムのリリースからロールアップされた修正プログラム

  • アドレス指定クラスターの変更が不安定になります。

  • JEA endpoint の作成の信頼性が向上しました。

  • バッチサイズ20以上での同時 VM の作成をブロック解除するバグを修正しました。

  • ポータルの信頼性と安定性が向上し、サービスのダウンタイムが発生した場合にホスティングサービスを再起動する監視機能が追加されました。

  • 更新中に一部の通知が一時停止されなかった問題に対処しました。

  • DSC リソースのエラーに関する診断機能が改善されました。

  • ベアメタル展開スクリプトで予期しないエラーが発生したために発生したエラーメッセージが改善されました。

  • 物理ノードの修復操作中に回復性が追加されました。

  • HRP SF アプリの問題が発生する可能性のあるコードの問題が修正されました。 また、更新中のアラートの中断を防ぐコードの問題も修正しました。

  • ターゲットパスが予期せず存在しない場合に、イメージ作成コードに弾力性を追加しました。

  • ERCS Vm のディスククリーンアップインターフェイスが追加され、これらの Vm に新しいコンテンツをインストールしようとする前に実行されていることが確認されました。

  • 自動修復パスのサービスファブリックノード修復のクォーラムチェック機能が改善されました。

  • 非常に多くの場合は、外部の介入によって予期しない状態になることがあります。

  • マシン名の大文字小文字の入力ミスを防ぐために、エンジンコードの弾力性が向上しました。手動操作を使ってノードの追加と削除を行うときに、ECE 構成で予期しない状態になることはありません。

  • 以前のサポートセッションから部分的に完了した状態で残っていた VM または物理ノードの修復操作を検出するための正常性チェックを追加しました。

  • 更新プログラムオーケストレーション中の NuGet パッケージからのコンテンツのインストールに関する診断ログが改善されました。

  • AAD を id システムとして使用し、ブロック ERCS 送信インターネット接続を使用しているお客様のために、内部秘密のローテーションエラーが修正されました。

  • AzsScenarios のテスト-AzureStack の既定のタイムアウトを45分に増やしました。

  • HealthAgent の更新の信頼性が向上しました。

  • 修復操作中に ERCS Vm の VM の修復がトリガーされなかった問題を修正しました。

  • 古いインフラストラクチャ VM ファイルのクリーンアップに失敗した場合に発生する問題に対して、ホスト更新プログラムが回復されました。

  • ランダムに生成されたパスワードを使用する場合の、certutil 解析エラーの予防的な解決策が追加されました。

  • エンジンの更新前に正常性チェックを追加しました。これにより、失敗した管理者操作を元のバージョンのオーケストレーションコードで引き続き実行できるようになりました。

  • ACSSettingsService のバックアップが最初に終了したときの ACS バックアップの失敗を修正しました。

  • Azure Stack AD FS ファームの動作レベルを v4 にアップグレードした。 1908以降と共に展開された Azure Stack Hub は、既に v4 にあります。

  • ホスト更新プロセスの信頼性が向上しました。

  • 内部の秘密のローテーションの失敗の原因となる可能性がある証明書の更新に関する問題を修正しました。

  • タイムソースが0x8 フラグで指定された場合に、時刻同期の問題が誤って検出される問題を修正するために、新しい時刻サーバーの同期通知を修正しました。

  • 新しい自動ログ収集インターフェイスの使用時に発生した、検証の制約エラーを修正しました。

  • 無効な Azure AD エンドポイントとして https://login.windows.net/します。

  • SQLIaaSExtension 経由での SQL 自動バックアップの使用を妨げる問題が修正されました。

  • ネットワークコントローラー証明書を検証するときに、テスト用の AzureStack で使用されるアラートを修正しました。

  • Azure Stack AD FS ファームの動作レベルを v4 にアップグレードした。 1908以降と共に展開された Azure Stack Hub は、既に v4 にあります。

  • ホスト更新プロセスの信頼性が向上しました。

  • 内部の秘密のローテーションの失敗の原因となる可能性がある証明書の更新に関する問題を修正しました。

  • 不要な事前ログコレクションを回避するために、アラートトリガーが削減されました。

  • Windows Health Service WMI 呼び出しのタイムアウトを排除することで、記憶域のアップグレードの信頼性が向上しました。

修正プログラムの情報

この修正プログラムを適用するには、   バージョンが必要です。1.2002.0.35later. 1.2002.0.35 以降。 

重要 2002 更新プログラム  の   リリースノートに記載されているように  、[テスト-azurestack(指定のパラメーターを含む)] の更新アクティビティのチェックリスト  を参照して、  検出されたすべての警告とエラーを含む運用上の問題を解決してください。また、アクティブなアラートを確認して、アクションが必要なものを解決することもできます。

ファイル情報

次のファイルをダウンロードします。次に、 Microsoft Docs web サイトの [ Azure stack] ページで更新プログラムを適用 して、この更新プログラムを azure stack に適用します。

今すぐ zip ファイルをダウンロードしてください。

今すぐ hotfix xml ファイルをダウンロードします。

詳細情報

Azure Stack Hub 更新リソース

Azure Stack での更新プログラムの管理の概要

Azure Stack で更新プログラムを適用する

権限のあるエンドポイントを使用して、Azure Stack の更新を監視する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×