Boot.wim イメージを使用して Windows Server 2016 をインストールするときのドライバーの読み込みエラー

現象

Boot.wim イメージに最新の Windows サーバー 2016 累積的な更新 (CU) を挿入するとします。展開にイメージを使用すると、ドライバーの読み込み段階では、オペレーティング システムのインストールがハングアップします。

インストール ウィザード

さらに、setupact のログには、次のエラー メッセージが含まれています。

IBS Callback_WinPE_SetSourceMediaInfo の警告 [0x0605b1]: 元のメディアのパスを決定できませんでした。GLE は、[0x0]
初期の UI の f6 キーを押してページの情報 [0x0605b3] IBS Callback_WinPE_SetSourceMediaInfo_Unattend:Show のフラグが [表示] に設定するのにはされています。

原因

この問題は、更新された boot.wim イメージ内にある setup.exe ファイルは、元のソース メディア内にある setup.exe ファイルと一致しないために発生します。

解決策

Boot.wim イメージを正しく更新するには、以下の手順を実行します。

セットアップのディレクトリ

D:\InstallMedia

これは、Windows Server 2016 メディアをコピーするためのすべての画像処理です。

D:\mount

これは、boot.wim および更新プログラムを挿入するための install.wim をマウントするために使用されるフォルダーです。

注入の手順を実行します。

  1. Install.wim を d:\installmedia\sources から d:\mount にマウントします。

  2. スタックの更新プログラムのサービスを提供する最新の Windows サーバー 2016 を挿入するのにdismコマンドを使用します。たとえば、 . 2017 年 3 月 14日、サービス スタック更新プログラムを提供

  3. Windows Server 2016 の最新の累積的な更新プログラム パッケージを挿入するのにdismコマンドを使用します。たとえば、 2017 年 8 月 16日、累積的な更新します。

  4. 変更をコミットし、install.wim のマウントを解除します。

  5. インデックス 1 の 1 ~ 4、boot.wim の 2 の手順を繰り返します。

  6. マウント boot.wim インデックス 2 します。日付が変更されると、ファイルを並べ替えるには、Windows エクスプ ローラーを使用し、 setupe.exeとその他のファイルをマウントされたイメージを探します。など、d:\mount\sources フォルダーにします。(setup.exe、locale.nls、setupplatform.dll、setupplatform.exe、reagent.dll、およびその他は、最近変更されたもの).

  7. D:\installmedia\sources に変更されたファイルをコピーします。ISO イメージを作成するために使用されます。

  8. 更新されたイメージを使用してコンピューターを起動します。

コマンドの使用例

Dism /mount-wim /wimfile:D:\InstallMedia\sources\Boot.wim /Index:1 /MountDir:D:\mount /checkintegrity
Dism /Add-package /Image:D:\mount /Packagepath:D:\updates\windows10.0-kb4013418-x64_b7165b95be791aeb025135efe60e00db2800c5c6.msu
Dism /Add-package /Image:D:\mount /Packagepath:D:\updates\windows10.0-kb4025339-x64.msu
Dism /Unmount-Image /MountDir:D:\mount /Commit

Dism /mount-wim /wimfile:D:\InstallMedia\sources\Boot.wim /Index:2 /MountDir:D:\mount /checkintegrity
Dism /Add-package /Image:D:\mount /Packagepath:D:\updates\windows10.0-kb4013418-x64_b7165b95be791aeb025135efe60e00db2800c5c6.msu
Dism /Add-package /Image:D:\mount /Packagepath:D:\updates\windows10.0-kb4025339-x64.msu

Windows エクスプ ローラーを使用すると、変更された日付で並べ替えを行います、setupe.exe とマウントされたイメージの他のファイルを探します。たとえば、d:\mount\sources (setup.exe、locale.nls、setupplatform.dll、setupplatform.exe、reagent.dll、その他は、最近変更されたものとします。22 ファイルをソース フォルダーの更新日時のタイムスタンプを持つ必要があります。D:\installmedia\sources にこれらの変更されたファイルをコピーします。

Dism /Unmount-Image /MountDir:D:\mount /Commit
Dism /mount-wim /wimfile:D:\InstallMedia\sources\Install.wim /Index:4 /MountDir:D:\mount /checkintegrity
Dism /Add-package /Image:D:\mount /Packagepath:D:\updates\windows10.0-kb4013418-x64_b7165b95be791aeb025135efe60e00db2800c5c6.msu
Dism /Add-package /Image:D:\mount /Packagepath:D:\updates\windows10.0-kb4025339-x64.msu
Dism /Unmount-Image /MountDir:D:\mount /Commit

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×