2021年 5 月 12 日の Office Web Apps Server 2013 用のセキュリティ更新プログラムについて (KB5001928)

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Excel のリモートでコードが実行される脆弱性と Office の情報開示の脆弱性を解決します。この脆弱性の詳細については、次のセキュリティ アドバイザリを参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft Office Web Apps Server 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Windows Update から入手できます。自動更新を有効にした場合、この更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「Windows Update:よくあるご質問」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

スタンドアロンの更新プログラム パッケージは、Microsoft ダウンロード センターから取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「2021 年 5 月 12 日のセキュリティ更新プログラムの展開に関する情報:」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 4504729 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名

SHA256 ハッシュ

WacServer2013-kb5001928-fullfile-x64-glb.exe

4DC98A01E605FDA2F66424DDD3C4CA114BF2E8D1434A8636B79B18B7629FD673

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (5001928) に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

保護とセキュリティに関する情報

オンラインでの自分の保護: Windows セキュリティのサポート

サイバー脅威から保護する方法についての説明: Microsoft セキュリティ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×