DFP とモバイルデバイスのフィンガープリンティング

モバイルデバイスのフィンガープリンティング

Microsoft Dynamics 365 詐欺から保護されているデバイスでは、(i) は人工知能 (AI) に基づいていることを示しています。(ii) Microsoft Azure で実行されます。(iii) クラウドのスケーラビリティと信頼性を備え、エンタープライズグレードのセキュリティを備えています。 不正使用のデバイスのフィンガープリンティング機能により、不正行為防止ネットワークで、ビジネスやその他の企業と連携する複数のセッションまたは操作にわたって、デバイス (コンピューター、Xbox、タブレットなど) を識別することができます。 さらに、この機能を使用すると、不正行為のパターンを特定する詐欺ネットワーク内で、一見無関係なイベントを相互にリンクすることができます。

お客様のアプリケーションで提供されている参照の実装を統合することによって、不正保護デバイスのフィンガープリンティングを実装すると、microsoft の api 利用規約に同意したものとします。 (ii) お客様は、次の種類のデータを、詐欺保護サービスを使って操作しているデバイスから自動的に処理します

  1. デバイス ID、画面情報、プロセッサクラスなどのデバイス属性。

  2. オペレーティングシステム (os) の属性 (OS の情報、OS のバージョン、OEM の詳細など)

  3. ブラウザーの言語、インストールされている既定のアプリなど、必要に応じてブラウザー関連の属性。

次のことを行う必要があります。

  1. Microsoft がデバイスのフィンガープリンティングデータを処理できるように、ユーザーからの同意を受け取ります。

  2. 収集したデータとその使用方法など、データの収集と処理の手法を顧客に通知します。

  3. お客様に代わって、お客様に代わって収集したデータを処理する第三者の使用を開示します。これには、詐欺保護サービスプロバイダーも含まれます。

  4. データ保護法を含む、不正行為の使用に適用されるすべての法および規制に準拠します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×