DPM 2007 または DPM 2010 から隠し共有フォルダーに対して保護を行っている場合、エンド ユーザー回復が有効にならない

現象

Microsoft System Center Data Protection Manager 2010 (DPM 2010) または System Center Data Protection Manager 2007 (DPM 2007) から、隠し共有 (管理共有) フォルダー ("$" サインで終わるフォルダー名) に対して保護を行っている場合、該当のフォルダーに対して、エンド ユーザー回復が有効になりません。

原因

Microsoft System Center Data Protection Manager (DPM) では、隠し共有フォルダーへのエンド ユーザー回復はサポートしていないために、この現象が発生します。

回避策

エンド ユーザー回復の機能は、通常の共有フォルダーに対してのみ有効可能です。 この現象を回避するには、ユーザーに通常の共有フォルダーを公開し、ファイルを保存してください。

なお、隠し共有のファイルについては、エンド ユーザー回復ができません。以前のバージョンのファイルを回復するには、[DPM 管理者コンソール] から行ってください。

状況

この動作は仕様です。 

詳細

問題の再現手順

  1. ファイル サーバーにて隠し共有 (名前が "$" マークで終わる共有フォルダー) を作成します。

  2. DPM 2007 もしくはDPM 2010 にてファイル サーバーを保護します。

  3. [DPM 管理者コンソール] で、[エンド ユーザー回復] を有効にします。

  4. クライアント PC の [エクスプローラー] からファイル サーバーの隠し共有フォルダーを [右クリック] し、[プロパティ] をクリックします。

  5. [以前のバージョン] タブをクリックし、参照します。

結果

以前のフォルダー バージョンが 1 つもリストされません。(通常の共有フォルダーについては問題無く表示されます。)

関連情報

DPM 2007 以前の製品の仕様については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Troubleshooting End-User Recovery Issues (英語情報)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×