Dynamics 365 での取引先担当者、潜在顧客の属性をインポート中にエラー

現象

Dynamics 365 でソリューションをインポートしようとすると、次のエラーが発生します。

"ソリューションのインポート: [ソリューション名] に失敗しました。 エラー コード 8004f016」

エラー ダイアログ ボックスで、グリッドには、の行が含まれています。マッピング名前を = =潜在顧客の連絡先です。 この行に表示される詳細テキストは、次のメッセージです。

"マネージド ソリューションは、アンマネージ基本インスタンスを持つターゲット ・ システム上の属性のコンポーネントを上書きできません。  このエラーの最も可能性の高いシナリオは、アンマネージド ソリューションが新しいアンマネージ属性のコンポーネントをターゲット システムにインストールされていることと、管理下に、その同じ属性のコンポーネントをインストールするのには、同じ発行元からのマネージド ソリューションを試行しています。  この、ソリューションの無効なレイヤー上のターゲット ・ システムとは許可されていません」

原因

マイクロソフトでは、このエラーが発生する可能性がある取引先担当者、潜在顧客の属性マップを使用して問題を調査中です。

解決方法

マイクロソフトでは、取引先担当者、潜在顧客の属性マップを使用してこの問題を調査中は、中には、この問題を回避するのには、次の手順を使用できます。

オプション 1: 潜在顧客を取引先担当者が含まれていない (lead_parent_contact) 、ソリューション内のリレーションシップ

これは、名前 lead_parent_contact と 1: n の関係の下にある取引先担当者エンティティ内で使用されている標準的な関係です。

オプション 2:潜在顧客の連絡先の属性マップの XML を削除します。

  1. ソリューション ファイルの内容を抽出し、customizations.xml ファイルをテキスト エディターで開きます。

  2. 検索し、XML の次のセクションを削除します。     < エンティティ >       連絡先の < EntitySource > </EntitySource >       潜在顧客の < EntityTarget > </EntityTarget >       < AttributeMaps >         < 属性 >           < AttributeSource > < </AttributeSource >           < AttributeTarget > parentcontactid </AttributeTarget >         </属性 >       </AttributeMaps >     </エンティティ >

  3. Customizations.xml ファイルを保存します。

  4. ソリューションからすべてのファイルを選択し、圧縮 (.zip) ファイルに送信します。

  5. 更新されたソリューションをインポートしようとしてください。

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×