現象

Dynamics 365 メールボックス レコード内で [通知] セクションを表示すると、次のメッセージのいずれかの参照してください。

  • "「< メールボックス名 >」のメールボックスから電子メールを受信中に不明なエラーが発生しました。関連付けられている電子メール サーバー プロファイル < プロファイル名 > の所有者が通知されました。システムは、後でもう一度メールを受信しようとしています。 メール サーバーのエラー コード:Exchange server を返しました UnknownIncomingEmailIntegrationError-2147220891 例外。

  • "予定、連絡先、およびメールボックスの [< メールボックス名 >] のタスクを同期中に内部の Microsoft Dynamics 365 エラーが発生しました。関連付けられている電子メール サーバー プロファイル < プロファイル名 > の所有者が通知されました。システムは、後で再試行されます。 メール サーバーのエラー コード:Crm.80040265.ISV コード操作を中止しました。」

原因

80040265 と-2147220891 のエラー コードは、IsvAborted エラーを示します。

現象セクションに記載されている最初のメッセージが表示された場合これは通常ワークフローまたは電子メール レコードの作成時に実行されるカスタムのプラグインが原因です。

現象セクションに記載されている 2 番目のメッセージが表示された場合これは通常ワークフローまたは、予定、連絡先、タスク レコードの作成時に実行されるカスタムのプラグインが原因です。

解決方法

カスタム プラグインまたはエラー (例: 電子メール、予定、連絡先、またはタスク) に記載されているレコードの種類の作成を同期的に実行するワークフローがあるかどうかを確認します。プラグインまたはワークフロー エラーが発生して、レコードの作成時に、サーバー側の同期は、レコードを正常に作成することはできません。次の手順は、ワークフローや、組織内の電子メールの作成時に実行するプラグインがあるかどうか判断するのに役立ちます。予定のような他のエンティティの作成に失敗したレコードの種類である場合、同じ手順を実行を使用できます。

ワークフロー

  1. Dynamics 365 の web アプリケーション内の設定に移動し、[プロセス] をクリックします。

  2. プロセスをアクティブにするビューを変更します。

  3. 主エンティティ] 列と、主エンティティと、カテゴリとしてワークフローとして電子メールですべての行の外観をソートします。 カテゴリでフィルター処理するグリッドのフィルター処理オプションを使用する代わりにワークフローの主エンティティ = = メール

  4. 検索する (存在する場合) は、上記の条件を満たしているそれぞれのワークフローを開きます。

  5. 起動オプションがある場合、レコードの作成] オプションが選択されていると(推奨)、バック グラウンドでこのワークフローを実行する] オプションが選択されていない、このワークフローが原因である可能性がある可能性があります。

  6. 正常に作成されていない電子メールに関連するすべてのエラーの lookg、ページの左側にあるプロセスのセッションをクリックします。

プラグイン

  1. Dynamics 365 の web アプリケーション内の設定のカスタマイズ] に移動し、システムのカスタマイズ] をクリックします。

  2. Sdk メッセージ処理手順をクリックします。

  3. プライマリ オブジェクトの種類コード (sdk メッセージ フィルター)の列と電子メール エンティティの任意の行を並べ替えます。

  4. すべて wors を検索すると、実行モードは、同期、メールの作成時に interferring 可能性があります可能性があります。

場合は、問題が一貫して再現し、ワークフロー、またはテスト用にプラグインを一時的に無効にすることは、このかどうかは、ワークフローまたはプラグインが原因を特定することを許可できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×