目次
×
グラフ
グラフ

Excel でグラフの第 2 軸を追加または削除する

Excel でグラフの第 2 軸を追加または削除する

グラフの数値が データ系列 からデータ系列に大きく異なる場合、または異なる種類のデータ (価格と数量) がある場合は、1 つ以上のデータ系列を第 2 縦 (値) 軸にプロットします。 第 2 縦軸の目盛には、関連付けられたデータ系列の値が表示されます。 第 2 軸は、縦棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたグラフなどで使うのが有効です。 グラフを複合グラフに変更すると、このようなグラフをすばやく表示できます。

代替テキスト

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

注: 次の手順は、新しいOffice 2013に適用されます。 2010 Officeをお探しの場合

  1. グラフを選択して [グラフ ツール] を開きます。

  2. [デザイン]、[グラフの種類の変更] の順に選択します。

  3. [組み合わせ]、[集合縦棒 - 第 2 軸の折れ線] の順に選択します。

  4. 表示するデータ系列の [第 2 軸] を選択します。

  5. ドロップダウン矢印を選択して、[折れ線​​] を選択します。

  6. [OK] を選択します。

Office 2010 でグラフの第 2 軸を追加または削除する

2-D グラフの値がデータ系列によって大きく異なる場合、または異なる種類のデータ (価格と数量など) が使用されている場合は、1 つ以上のデータ系列を第 2 縦 (数値) 軸にプロットすることができます。 第 2 縦軸の目盛には、関連付けられたデータ系列の値が反映されます。

代替テキスト

2-D グラフに第 2 縦軸を追加したら、xy (散布) 図やバブル チャートで役立つ可能性のある第 2 横 (項目) 軸も追加できます。

第 2 軸にプロットされたデータ系列を区別しやすくするために、グラフの種類を変更することができます。 たとえば、縦棒グラフでは、第 2 軸のデータ系列を折れ線グラフに変更できます。

重要: 以下の手順を実行するには、既存の 2-D グラフが必要です。 3-D グラフでは第 2 軸はサポートされていません。

第 2 縦軸にデータをプロットする場合、一度にプロットできるデータ系列は 1 つだけです。 第 2 縦軸に 1 つ以上のデータ系列をプロットする場合は、第 2 縦軸で表示するデータ系列ごとにこの手順を繰り返します。

  1. 第 2 縦軸にプロットするデータ系列をグラフ上でクリックするか、次の操作を行って、グラフ要素のリストからデータ系列を選びます。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの矢印をクリックし、第 2 縦軸にプロットするデータ系列をクリックします。

      リボンの画像

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

    [データ系列の書式設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    注: 別のダイアログ ボックスが表示される場合は、手順 1 を繰り返し、グラフ上でデータ系列が選択されていることを確認してください。

  3. [系列のオプション] タブの [使用する軸] で、[第 2 軸 (上/右側)] をクリックして [閉じる] をクリックします。

    グラフに第 2 縦軸が表示されます。

  4. 第 2 縦軸の表示を変更するには、次の操作を行います。

    1. [レイアウト] タブの [] で [] をクリックします。

    2. [第 2 縦軸] をクリックし、必要な表示オプションをクリックします。

  5. 第 2 縦軸の軸のオプションを変更するには、次の操作を行います。

    1. 第 2 縦軸を右クリックし、[軸の書式設定] をクリックします。

    2. [軸のオプション] で、使用するオプションを選びます。

この手順を完了するには、第 2 縦軸を表示するグラフが必要です。 第 2 縦軸を追加する場合は、「第 2 縦軸を追加する」を参照してください。

  1. 第 2 縦軸を表示するグラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [] で [] をクリックします。

    代替テキスト

  3. [第 2 横軸] をクリックし、必要な表示オプションをクリックします。

  1. グラフ上で、変更するデータ系列をクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    ヒント: データ系列を右クリックし、[系列グラフの種類の変更] をクリックして手順 3 に進むこともできます。

  2. [デザイン] タブの [種類] グループで、[グラフの種類​​の変更] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [グラフの種類​​の変更] ダイアログ ボックスで、使用するグラフの種類をクリックします。

    最初のボックスには、グラフの種類のカテゴリ一覧が表示され、2 つ目のボックスには、グラフの種類のカテゴリごとに使用できるグラフの種類が表示されます。 使用できるグラフの種類の詳細については、「利用可能なグラフの種類」を参照してください。

注: 同時に 1 つのデータ系列についてのみ、グラフの種類を変更できます。 グラフ内の複数のデータ系列についてグラフの種類を変更するには、変更するデータ系列ごとにこの手順を繰り返します。

  1. 削除する第 2 軸を表示するグラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [] グループで、[] をクリックし、[第 2 縦軸] または [第 2 横軸] をクリックして [なし] をクリックします。

    代替テキスト

ヒント: 

  • 削除する第 2 軸をクリックして Delete キーを押すか、第 2 軸を右クリックして [削除] をクリックすることもできます。

  • 第 2 軸を追加した直後に削除するには、クイック アクセス ツールバー [元に戻す] ボタン 元に戻す] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

グラフ内の値がデータ系列とデータ系列の間で大幅に変化する場合、1 つまたは複数のデータ系列を第 2 軸にプロットすることができます。 また、同一グラフ内に異なるタイプのデータ (価格と数量など) がある場合は、第 2 軸を複合グラフの一部として使用することもできます。

このグラフでは、左側の主縦軸が販売数、右側の第 2 縦軸が平均価格に使用されています。

代替テキスト

必要に応じて、次の操作を行います。

第 2 軸を追加する

  1. この手順は Word for Mac にのみ適用されます。[表示] メニューの [印刷レイアウト]をクリックします

  2. グラフ内で、第 2 軸にプロットするデータ系列を選択し、リボンの [グラフのデザイン] タブをクリックします。

    たとえば、折れ線グラフの場合、グラフ内の折れ線のいずれかをクリックすると、そのデータ系列のすべてのデータ マーカーが選択されます。

  3. [グラフ要素を追加]、[] の順にクリックして、[第 2 横] または [第 2 縦] から選択します。

第 2 軸の軸ラベルを追加する

  1. この手順は Word for Mac にのみ適用されます。[表示] メニューの [印刷レイアウト]をクリックします

  2. グラフ内で、第 2 軸にプロットするデータ系列を選択し、リボンの [グラフのデザイン] タブをクリックします。

    たとえば、折れ線グラフの場合、グラフ内の折れ線のいずれかをクリックすると、そのデータ系列のすべてのデータ マーカーが選択されます。

  3. [グラフ要素を追加]、[軸ラベル] の順にクリックして、[第 2 横] または [第 2 縦] から選択します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×