現象

Microsoft Excel 2013 および Microsoft Excel 2016 でシートに ActiveX コントロールが貼り付けられているとき、以下の条件を全て満たす場合に、ActiveX コントロールが貼り付けられたシートと異なるシートをアクティブにしてファイルを保存すると、ActiveX コントロールのサイズが変更されます。

発生条件

  1. Excel 97 ~ 2003 形式のファイルであること

  2. ActiveX コントロールが貼り付けられたシートの表示形式が [改ページ プレビュー] であること

  3. ActiveX コントロールが貼り付けられたシートの印刷ページ数が垂直方向、水平方向共にそれぞれ 2 ページ以上であり、かつ、この印刷範囲がユーザーにより設定されたものではなく、Excel によって自動的に設定されたものであること

回避策

以下のいずれかの方法により、発生条件を満たさないファイル構成に変更します。



回避策 1 : Excel 2007 形式でファイルを保存する

Excel 2007 形式でファイルが保存されている場合、現象は発生しません。ファイルの保存形式を変更することで現象を回避できます。

- 手順

  1. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. [参照] をクリックして保存先を選択します。

  3. 表示された [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で、ファイル内容に応じて以下のいずれかを選択します。

    • Excel ブック (*.xlsx)

    • Excel マクロ有効ブック (*.xlsm)

    • Excel マクロ有効テンプレート (*.xltm)

  4. [保存] ボタンをクリックします。

Notes:

[ファイル] タブの [情報] メニュー内、[変換] をクリックしてファイル形式を Excel 2007 形式に変換することもできます。ただしこの場合、元のファイルは削除され、復元できないことに注意してください。



回避策 2 : ActiveX コントロールが貼り付けられたシートの表示形式を変更する

改ページ プレビュー以外の表示形式で ActiveXコントロールが貼り付けられたシートが表示されている場合、現象は発生しません。シートの表示形式を変更することで現象を回避できます。

- 手順

  1. ActiveX コントロールが貼り付けられたシートを選択し、アクティブにします。

  2. [表示] タブの [ブックの表示] セクションで [標準] または [ページレイアウト] を選択します。



回避策 3 : 印刷範囲を手動で設定する

ActiveX コントロールが貼り付けられたシートの印刷範囲が手動で設定されている場合、現象は発生しません。シートの印刷範囲を手動で設定することで現象を回避できます。

- 手順

  1. ActiveX コントロールが貼り付けられたシートを選択し、アクティブにします。

  2. シート上の現在の印刷範囲をマウス ドラッグで選択します。

  3. [ページ レイアウト] タブの [ページ設定] セクションで [印刷範囲] をクリックし、[印刷範囲の設定] を選択します。



回避策 4 : フォーム コントロールに変更する

本資料の現象は ActiveX コントロールでのみ発生し、フォーム コントロールでは発生しません。ActiveX コントロールをフォーム コントロールに変更することで現象を回避できます。
ここでは、新しくフォーム コントロールを追加する手順について記載します。

- 手順

  1. [開発] タブ - [挿入] をクリックし、[フォーム コントロール] セクションの中から使用したいコントロールを選択します。

  2. シート上のフォーム コントロールを貼り付けたい場所でクリックします。

  3. [マクロの登録] ウィンドウが表示されます。必要に応じてマクロの設定を行い、[OK] をクリックします。


状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順

  1. Excel 2013 または Excel 2016 を起動し、[空白のブック] を作成します。Sheet1 が作成されます。

  2. [開発] タブの [挿入] をクリックし、任意の ActiveX コントロールを選択します。

  3. シート上の任意の場所をクリックし、ActiveX コントロールを挿入します。

  4. [表示] タブの [ブックの表示] セクションで [改ページ プレビュー] を選択します。

  5. 垂直方向、水平方向のページ数が 2 ページ以上になるように、任意のセルに値を入力します。2 ページ以上になるセルの位置は使用するプリンター設定などに依存して異なります。
    (例) A1 セルから H39 セルが 1 ページと判定される設定の場合、I40 セルに値を入力します。

  6. 下部のシート タブ右側の [+] をクリックし、シートを追加します。Sheet2 が作成されます。

  7. Sheet1 を選択してアクティブにし、[ファイル] タブの [名前を付けて保存] をクリックします。

  8. 保存先を選択し、表示された [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で [Excel 97-2003 ブック (*.xls)] を選択し、[保存] をクリックします。

  9. Sheet1 に戻ります。ActiveX コントロールの表示サイズを確認します。

  10. Sheet2 を選択してアクティブにし、Ctrl + S キーを押下して上書き保存します。

  11. Sheet1 に切り替えます。

結果

ActiveX コントロールのサイズが変更されます。Sheet1 がアクティブな状態で Ctrl + S キーを押下して再度上書き保存すると、元のサイズに戻ります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×