現象

Microsoft Office Excel 2007 および Microsoft Excel 2010 において、ネットワーク共有上の xls 形式のファイルを開き、[読み取り専用の設定/解除] ボタンをクリックすると、ファイル更新日時が更新されます。
この現象は、ローカルにあるファイル (xls 形式および xlsx 形式) や、ネットワーク共有上の xlsx 形式のファイルでは発生しません。

回避策

以下のいずれかの方法で回避してください。

 方法 1 : xlsx 形式で運用する
 方法 2 : 一旦ローカルに保存して作業をする

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順

  1. Excel 2010 を起動し、クイック アクセス ツールバーに、[読み取り専用の設定/解除] ボタンを追加します。

  2. ネットワーク共有上に、xls 形式でファイルを保存して閉じます。

  3. 数分後、手順 2 で作成したファイルを開きます。
    この時、エクスプローラ上のファイル更新日時は、ファイルを開いた日時で表示されます。

  4. 手順 1 で追加した [読み取り専用の設定/解除] ボタンをクリックして、読み取り専用モードに変更します。

  5. ファイルの内容は変更せず、保存せずに閉じます。

結果
ファイル更新日時が手順 3 を行った、ファイルを開いた日時に更新されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×