Excel 2013 で書き込みパスワードが設定されたファイルを使用する場合に発生する現象について

現象

Microsoft Excel 2013 で、書き込みパスワードが設定されたファイルを使用すると、次の現象が発生する場合があります。
この現象は、ファイル名が比較的長めである場合に発生しますが、明確な閾値はありません。

a) 以下のエラーが表示され、フォーム コントロールに登録したマクロが実行できません。

マクロ '<マクロ名>' を実行できません。このブックでマクロが使用できないか、またはすべてのマクロが無効になっている可能性があります。



b) 以下のエラーが表示され、シート名を変更できません。

入力されたシート名またはグラフの名前が正しくありません。次の点を確認して修正してください。
・入力文字が 31 文字以内であること
・次の使用できない文字が含まれていないこと : コロン (:)、円記号 (\)、スラッシュ (/)、疑問符 (?)、アスタリスク (*)、左角カッコ ([)、右角カッコ (])
・名前が空白でないこと




c) 以下のシナリオで数式エラーが発生します。

書き込みパスワードを設定したファイルへの参照式を別ブックのセルに設定している場合、参照元のファイル (書き込みパスワードを設定したファイル) を開いたタイミングで、参照式内のファイル名が不正なファイル名に更新され、数式エラーが発生します。
また、この状態でファイルを保存した場合、数式が壊れます。

回避策

以下のいずれかの方法で回避してください。

方法 1 : 上記現象が発生しなくなるまで、書き込みパスワードを設定しているファイルの名前を短くする

方法 2 : 書き込みパスワードを解除する

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順

ここでは、シート名が変更できない現象の再現手順を記載します。

  1. Excel 2013 で新規ブックを作成します。

  2. [ファイル] - [名前を付けて保存] - [コンピューター] - [参照] をクリックして、[名前を付けて保存] ダイアログを表示します。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログの [ツール] プルダウンをクリックして [全般オプション] をクリックします。

  4. 任意の書き込みパスワードを入力して [OK] をクリックします。

  5. 比較的長いファイル名を設定して [保存] をクリックします。例えば、12345678901234567.xlsx という名前で保存します。

  6. 一旦ファイルを閉じます。

  7. ファイルを開き、書き込みパスワードを入力します。

  8. シート名を変更します。

結果
以下のエラーが表示されてシート名を変更できません。

入力されたシート名またはグラフの名前が正しくありません。次の点を確認して修正してください。
・入力文字が 31 文字以内であること
・次の使用できない文字が含まれていないこと : コロン (:)、円記号 (\)、スラッシュ (/)、疑問符 (?)、アスタリスク (*)、左角カッコ ([)、右角カッコ (])
・名前が空白でないこと


 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×