Excel 2013 以降のバージョンで、複数のアドインが設定されている状態でファイルを開くと空白の Excel ウィンドウが表示される

現象

Microsoft Excel 2013 以降のバージョンで、以下の条件を満たす場合にファイルを開くと空白の Excel ウィンドウが表示されます。

  • Excel のプロセスが起動されていない

  • Excel のファイルをダブルクリックまたは、Excel ファイルを選択して右クリックから [開く] でクリックして開く

  • Excel アドインが 2 つ以上有効化されている

  • Excel がアドインを読み込む際の 2 つ目以降のアドインのオープン処理 ( ThisWorkbook / Workbook_Open イベントプロシージャ もしくは 標準モジュール / Auto_Open Sub プロシージャ ) に、以下のような Active Window を切り替える処理が組み込まれている


例 1 :

    Private Sub auto_open()

ThisWorkbook.IsAddin = False

ThisWorkbook.IsAddin = True

End Sub

例 2 :

    Private Sub Workbook_Open()

Dim newbk As String

Workbooks.Add

newbk = ActiveWorkbook.Name

Workbooks(newbk).Close

End Sub



回避策

以下のいずれかの方法でファイルを開きます。

方法 1 : [ファイル] タブの [開く] でファイルを開く

  1. スタート メニューから Excel を起動します。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [開く] をクリックします。

  4. 任意のファイルを選択します。



方法 2 : ドラッグ アンド ドロップでファイルを開く

  1. スタート メニューから Excel を起動します。

  2. 任意のファイルを Excel のシート上にドラッグ アンド ドロップします。



状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順

手順 1 : 1 つめのアドインを登録する

  1. Excel を起動します。

  2. [空白のブック] をクリックします。

  3. [ファイル] タブをクリックします。

  4. [オプション] をクリックします。

  5. [アドイン] をクリックします。

  6. "管理" から [Excel アドイン] が選択されていることを確認し、[設定] をクリックします。

  7. [ソルバー アドイン] にチェックを入れて、[OK] をクリックします。




手順 2 : アドインを作成する

  1. [Alt] キー を押しながら [F11] キーを押して、Visual Basic Editor を起動します。

  2. [ThisWorkbook] をダブルクリックします。

  3. 表示されているモジュールに次のコードを入力します。

        Private Sub Workbook_Open()

    ThisWorkbook.IsAddin = False

    ThisWorkbook.IsAddin = True

    End Sub
  4. [Ctrl] キー を押しながら [S] キーを押します。

  5. "ファイルの種類" で [Excel アドイン (*.xlam)] を選択します。

  6. "ファイル名" に 「TEST」 と入力して、[保存] をクリックします。

  7. Excel を終了します。



手順 3 : 作成したアドインを登録する

  1. Excel を起動します。

  2. [空白のブック] をクリックします。

  3. [ファイル] タブをクリックします。

  4. [オプション] をクリックします。

  5. [アドイン] をクリックします。

  6. "管理" から [Excel アドイン] が選択されていることを確認し、[設定]をクリックします。

  7. [TEST] にチェックを入れて、[OK] をクリックします。

  8. Excel を終了します。



手順 4 : Excel ファイルを開く

  1. 既存の Excel ファイルをダブルクリック、または、Excel ファイルを選択して右クリックして、[開く] をクリックして開きます。




結果

空白の Excel ウィンドウが表示されます。


Note :
以下の場合には、Excel 起動時のファイルを読み込む順番が変わるため、本現象は発生しません。

  • 手順 2. で作成したアドイン 「TEST」 を「ソルバー アドイン」より先に登録する

  • 以下の手順でアドインを登録する

手順 1 : アドインを作成する

  1. [Alt] キー を押しながら [F11] キーを押して、Visual Basic Editor を起動します。

  2. [ThisWorkbook] をダブルクリックします。

  3. 表示されているモジュールに次のコードを入力します。

    Private Sub Workbook_Open()

    ThisWorkbook.IsAddin = False

    ThisWorkbook.IsAddin = True

    End Sub
  4. [Ctrl] キー を押しながら [S] キーを押します。

  5. "ファイルの種類" で [Excel アドイン (*.xlam)] を選択します。

  6. "ファイル名" に 「TEST」 と入力して、[保存] をクリックします。

  7. Excel を終了します。

手順 2 : アドインを登録する

  1. Excel を起動します。

  2. [空白のブック] をクリックします。

  3. [ファイル] タブをクリックします。

  4. [オプション] をクリックします。

  5. [アドイン] をクリックします。

  6. "管理" から [Excel アドイン] が選択されていることを確認し、[設定] をクリックします。

  7. [ソルバー アドイン] と [TEST] にチェックを入れて、[OK] をクリックします。

  8. Excel を終了します。



ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×