Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

注: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。  詳細については、以下の資料を参照してください。

Office 365 ハイブリッド構成ウィザードが Exchange 2010 に対応

現象

Exchange Server 2010 で Exchange 管理コンソール (EMC) を使用して Exchange Online へ接続しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。

"The following error occurred while attempting to connect to the specified Exchange server 'PS.Outlook.com'

The format of the Exchange object version is wrong
Parameter name: ExchangeBuild"

(指定された Exchange サーバー 'PS.Outlook.com' への接続試行中に、次のエラーが発生しました

Exchange オブジェクトのバージョンの形式が正しくありません
パラメーター名: ExchangeBuild)


この問題による影響:

  • EMC でハイブリッド構成ウィザードを実行できません。

  • EMC から、Exchange Online における受信者のプロパティを表示できません (EMC では受信者のプロパティを表示できないだけであり、受信者管理は継続して実行できます)。

回避策

状況に応じて以下のいずれかまたは両方を実行してください。

  • Office 365 ハイブリッド構成ウィザード (http://aka.ms/HybridWizard) を実行します。

  • ディレクトリ同期が有効な環境内のメールボックスに対する受信者のプロパティを表示するには、Exchange Online の Exchange 管理センターまたは Exchange Online PowerShell を使用してください。

追加情報

Exchange 2010 で Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用する詳細については、「Office 365 ハイブリッド構成ウィザードが Exchange 2010 に対応」を参照してください。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトまたは Exchange TechNet フォーラムを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×