Exchange Online の会議室一覧が Outlook または OWA で表示されない

現象

Microsoft Exchange Online の会議室一覧が、Microsoft Outlook または Outlook Web App (OWA) で表示されません。

原因

この問題は、会議室一覧が配布グループへ切り戻しされた場合に生じます。

解決方法

この問題を解決するには、以下の手順に従ってください。

  1. 以下のコマンドレットを実行し、会議室一覧の受信者の種類を確認します。受信者の種類が “RoomList” と表示されない場合は、手順 2 へ進んでください。

    Get-distributionGroup <影響を受けた会議室一覧の名前> | fl recipienttypedetails

  2. テナントがクラウドにのみ存在する場合は、Exchange Online PowerShell で以下のコマンドレットを実行します。

    Set-DistributionGroup <影響を受けたグループの名前> -RoomList

  3. Microsoft Exchange Server のオンプレミス展開をしている場合は、オンプレミス Exchange 管理シェルで手順 2 のコマンドレットを実行します。

  4. Exchange Server のオンプレミス展開をしていない場合は、影響を受けた配布グループに対する msExchRecipientTypeDetails 属性を変更し、Active Directory PowerShell モジュールを使用して “268435456” という値を設定します。これを実行するには、以下の手順に従ってください。

    1. リモート サーバー管理ツール パックがインストールされているドメイン コントローラーまたはサーバーで、管理者として PowerShell を開始し、以下のコマンドレットを実行してモジュールがサーバー上に存在するかを確認します。

      Get-Module -ListAvailable activedirectory

    2. 3.0 よりも前のバージョンの PowerShell 向けコマンドレットを使用して Active Directory PowerShell モジュールをインポートします (3.0 以降のバージョンの PowerShell モジュールの場合、モジュールは割り当てられるコマンドに基づいて自動的に読み込まれます)。

      Import-Module activedirectory

    3. 以下のコマンドレットを実行し、msExchRecipientTypeDetails 属性の現在の値を確認します。結果が返されない場合、属性に値が設定されていません。

      Get-ADObject -Filter {Name -eq <配布グループの名前>} -Properties * | Out-String -Stream | Select-String msExchRecipientTypeDetails

    4. 属性に値が設定されていない場合、以下のコマンドレットを実行し、値を設定します。

      Get-ADObject -Filter {Name -eq <配布グループの名前>} -Properties * | Set-ADObject -add @{msExchRecipientTypeDetails=268435456}

    5. 属性値が誤って設定されている場合、以下のコマンドレットを実行し、現在設定されている値を変更します。

      Get-ADObject -Filter {Name -eq "mailsg1"} -Properties * | Set-ADObject -Replace @{msExchRecipientTypeDetails=268435456}

追加情報

その他トピックは、Microsoft コミュニティ Web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×