現象

Microsoft Exchange Server 2010 の会議出席依頼に対して処理を行った場合、予定表フォルダーに格納されている予定アイテムのコピーや履歴などの内部処理使用されているアイテムが [Recoverable Items] フォルダーの配下に格納されます。また、会議出席依頼に対して変更操作などを加えた場合、格納されているアイテムの履歴が更新されます。

Microsoft Exchange Server 2010 ではメールボックス内で以下のように構成されています。

Root Container
+- Common Views
+- Recoverable Items
+- Deletions
+- Purges
+-:
+- Top of Information Store
+- Inbox
+- Sent Items
+-:

補足 : Outlook から参照可能なフォルダは、Top of Information Store 配下のフォルダになります。

回避策

この現象を回避するには、Exchange Server 2010 Service Pack 1、または Exchange Server 2010 Service Pack 2 を適用して、 [Recoverable Items] フォルダーの配下に作成される予定表の履歴、コピーを削除する期間を設定するレジストリ キーを変更してください。


重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。

322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Exchange Server 2010 Service Pack 1 を適用するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1)

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=21570
Exchange Server 2010 Service Pack 2 を適用するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 (SP2)

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=28190

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスにregeditと入力し、[OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ キーを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchange MRM\Parameters

  3. 手順 2 で作成したレジストリ キーを選択します。

  4. 以下のレジストリ キーを作成し、各々の値を設定します。

    注 : レジストリの値を 0 に設定した場合は、既定の値が使用されます。

    Name

    DefaultAgeLimitForCalendarItems

    Type

    REG_DWORD

    Value

    <予定アイテムの履歴を削除するまでの日数。10 進数で 120 が既定の値になります。>


    Name

    AdditionalCalendarItemsStripLimit

    Type

    REG_DWORD

    Value

    <予定アイテムのコピーが削除するまでの日数。10 進数で 14 が既定の値になります。>


  5. Microsoft Exchange メールボックス アシスタント サービスを再起動します。

詳細

Exchange Server 2010 の環境ではフォルダーが生成された時刻を起点として120 日経過すると自動的に削除されるように構成されており、 履歴の削除後 14 日経過すると予定表フォルダーの予定アイテムのコピーが [Recoverable Items] フォルダーの配下から削除されます。



Exchange Server 2010 RTM の環境では、120 日が経過した後、[Recoverable Items] フォルダーの配下に格納される予定表アイテムの履歴、 コピーの両方が削除されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×