IdpInitiatedSignOn を使用して内部サインイン機能をチェックします。

IdpInititatedSignOn のページを使用すると、AD FS サービスは、稼働しているかどうかと、認証機能が正常に動作していることを確認します。IdpInitiatedSignOn ページを開くには、次の手順を実行します。

  1. AD FS サーバー上で次のコマンドを実行して、IdpInitiatedSignOn のページを有効にします。
    Set-AdfsProperties -EnableIdPInitiatedSignonPage $true

  2. ネットワーク内にあるコンピューターからは、次のページを参照してください。
    https://FederationInstance/adfs/ls/idpinitiatedsignon.aspx

  3. [サインイン] ページで、有効なユーザーの正しい資格情報を入力します。

サインインが成功したでしょうか。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×