現象

Internet Explorer でドキュメントを印刷する際に、印刷ダイアログ上のプリンタの詳細設定画面から用紙の向きを変更すると、必要以上に縮小して印刷される現象が発生することがあります。

原因

プリンタの詳細設定画面から用紙の向きを変更しても、変更前の用紙の向きで印刷データを作成してしまうためです。

回避策

この問題は、以下の 3 つのいずれかの方法にて回避できます。

方法1:
ドキュメントの印刷時に印刷プレビュー画面を表示し、用紙の向きを変更する

方法2:
ページの設定画面で [縮小して全体を表示できるようにする] を無効にする

方法3:
以下のレジストリ設定を行う

 (32 bit システムの場合)
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_STF_Scale_Min

 (64 bit システムの場合)
 32 bit 版 Internet Explorer:
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_STF_Scale_Min
 64 bit 版 Internet Explorer:
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_STF_Scale_Min

 名前:iexplore.exe
 種類:REG_DWORD
 値:100 (10 進数)

これにより [縮小して全体を表示できるようにする] が有効時の [縮小して全体を印刷する] を選択した際の縮小率を 100% 固定にでき、問題を回避できます。
この方法では自動縮小機能は有効ですが、縮小率が 100% 固定となるため縮小されなくなります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題は、ページの設定画面にて [縮小して全体を表示できるようにする] が有効となっている場合に発生します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×