Internet Explorer 10 以降で 32 bit の ActiveX コントロールを削除できない場合がある

現象

64 bit の Windows 環境で Internet Explorer 10 以降を使用していると、以下のいずれかの条件を満たす場合に 32 bit の ActiveX コントロールを [アドオンの管理] 画面から削除できません。

  • ビルトイン Administrator を使用している

  • Internet Explorer を [管理者として実行] で昇格して起動している

  • ユーザー アカウント制御 (UAC) を無効にしている

注釈 : この動作は 32 bit の Windows 環境では発生しません。

原因

Internet Explorer 10 以降において、フレーム部分を管理するプロセス (マネージャー プロセス) が 64 bit に固定された影響で発生します。
[アドオンの管理] 画面も 64 bit で動作するため、直接 32 bit の ActiveX コントロールをロードして削除処理を行うことができなくなりました。

解決方法

ビルトイン Administrator 以外のユーザー アカウントを使用し、UAC を有効に設定します。

注釈 : Internet Explorer をビルトイン Administrator で起動、または [管理者として実行] により起動した場合、Internet Explorer の保護モードや拡張保護モードのセキュリティ機能が無効な状態で動作します。Internet Explorer をビルトイン Administrator や [管理者として実行] により起動して利用することは、セキュリティ上のリスクが高まるため、そのような Internet Explorer の利用方法は弊社として推奨していません。

回避策

以下の手順で 32 bit のインターネット オプション (inetcpl.cpl) を起動する方法でも 32 bit の ActiveX コントロールを削除できます。

  1. 管理者ユーザーでシステムにログオンします。

  2. [Windows] + [R] キーを押下し、[ファイル名を指定して実行] を表示します。

  3. テキスト ボックスに %WINDIR%\SysWOW64\inetcpl.cpl と入力して [OK] ボタンをクリックし、32 bit のインターネット オプションを起動します。

  4. [プログラム] タブの [アドオンの管理] ボタンをクリックして [アドオンの管理] 画面を起動します。


状況

この動作は仕様です。

関連情報

アドオンの管理については、 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Internet Explorer のアドオンを管理する


UAC の設定については、 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

ユーザー アカウント制御の設定とは

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×