Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

この資料には、機能を次の形式で操作のための Microsoft Dynamics 365 でのファイルの支払をインポートすることができますがについて説明します。

  • 顧客支払仕訳帳に ISO20022 camt.054 クレジットのヒント ファイルからの入金

  • ISO20022 形式でファイルを返す: pain.002 状態に戻り、camt.054 は、AP の支払の振替仕訳帳にアドバイスを口座振替

AR 支払仕訳帳に Camt.054 クレジットのアドバイスのインポート

顧客支払仕訳帳に camt.054.001.002 の形式での銀行の通知メッセージをインポートするのにはこの機能を使用します。

この機能を使用するには、次のセットアップを完了する必要があります。

  • LCS から ER「ISO20022 Camt.054」の構成をインポートして顧客インポート形式の構成] フィールドに支払フォームのメソッドを選択します。詳細についても参照してください wiki 記事.

  • すべて [得意先] フォームに必要なお客様の名前と組織名の数を設定します。顧客の銀行取引先企業フォームで、顧客の銀行口座レコードを設定します。 IBAN または銀行口座番号、SWIFT または番号をルーティングします。

  • 銀行口座をフォーム上の法人の銀行口座を設定します。

    • IBAN または銀行口座番号、SWIFT またはルーティングの数値、通貨、アドレスします。

    • 詳細な口座調整を使用する場合は、調整の高速] タブでパラメーターの詳細な口座調整を有効にします。未転記のインポートされた支払を調整する場合は、アクティブにもパラメーターの使用の口座取引明細書の電子支払の確認とします。

    • (省略可能)トランザクション コードのマッピング形式のシステムにファイルおよび銀行トランザクション タイプのトランザクション コードの銀行の間のマッピングを設定します。

  • ファイルには、入金される支払の転記と投稿すると、トランザクションの請求金額が含まれている場合、支払手数料フォームでは、お客様への支払手数料を作成および銀行口座支払フォームのメソッドには、支払手数料の設定に関連付けます。

  • ESR 支払は、ISR の参照 (スイスの法人に該当する場合) が含まれているインポートは、その他の設定を入力する必要があります。

    • ISR referencef または顧客 ("顧客支払の場合、アカウントの長さ] のフィールド) の自動識別で使用されている顧客コードの長さです。

    • その顧客番号とのみの数字とその他の文字を含まない請求書番号 (数字のシーケンス) が含まれています。また、請求書番号はゼロです。

    • 法人の銀行口座の ESR、BESR と経路の数です。詳細情報を参照してくださいもESR の従来の機能のような設定が必要です。

インポートを実行するファイル、oペン顧客支払仕訳帳明細行フォームで [関数] をクリックし、フォームをインポートするとします。ダイアログ画面 [支払方法を設定する必要 ISO20022 camt.054 形式の。で開かれているダイアログ ボックスで、必要なパラメーターおよびファイルの場所へのパスを指定します。[OK] をクリックします。ファイルが正常にインポートできません。

Pain.002 状態に戻り、camt.054 の借方のアドバイスは、AP の支払の振替仕訳帳にインポートします。

ISO20022 形式で銀行のメッセージをインポートするのにはこの機能を使用: pain.002.001.003 状態では、仕入先支払の転送フォームのメッセージおよび camt.054.001.002 の借方のアドバイスが戻らない。


この機能を使用するには、次のセットアップを完了する必要があります。

  • LCS から ER の構成"ISO20022 Camt.054"と"ISO20022 pain.002"をインポートして仕入先のメソッドの戻り値の書式設定で支払フォームを選択し、セカンダリ構成フィールドの形式を返します。選択した支払方法の一般的な電子の戻り値の書式を有効にすることが必要になります。

  • Pain.002 ステータスと戻り値の書式のステータスのマッピング フォームで仕入先支払仕訳帳のステータスのステータス コードのマッピングを設定します。

例をセットアップします。

ステータスを返す

支払ステータス

RJCT

拒否

ACCP

受け入れ

ACSP

受信しました。

  • Pain.002 エラー コードと外部 ISO20022 状態の理由コードごとの戻り値の書式のエラー コード フォームでの説明を設定します。

例をセットアップします。

コード

名前

AC01

IncorrectAccountNumber

AC02

InvalidDebtorAccountNumber

AC03

InvalidCreditorAccountNumber

AC04

ClosedAccountNumber

AC05

ClosedDebtorAccountNumber

AC06

BlockedAccount

...

...


  • Camt.054 ファイルには、入金される支払の転記と投稿すると、トランザクションの請求金額が含まれている場合、支払手数料のフォームで仕入先の支払手数料を作成し、銀行口座支払フォームのメソッドには、支払手数料の設定に関連付けます。


インポートを実行するファイル、oペンの仕入先支払振替を形成し、戻り値のファイル - 仕入先] ボタンをクリックします。ダイアログ画面選択支払方法で ISO20022 ファイルの設定を必要があるし、[ok] を押します。次に、インポートし、[ok] をクリックして計画されるファイル形式を選択します。で開かれているダイアログ ボックスで、必要なパラメーターおよびファイルの場所へのパスを指定し、[OK] をクリックします。


Pain.002 ファイルでは、[仕入先支払明細行のステータスを読み込む場合は、インポートしたファイル内の情報に基づいて更新されます。


Camt.054 ファイルをインポートする場合は、追加のパラメーターを指定する必要があります。

  • 手数料 ID -新しい支払手数料の明細行は仕入先支払仕訳帳明細行の金額が camt.054 ファイルに存在する場合です。

  • 新しい仕訳帳名、新しい仕訳帳の説明、支払仕訳帳のパラメーターが処理済の支払が転送されます。、転送した後は、新しい仕訳帳内で新しい伝票番号を割り当てる必要があります。詳細については、正常の制限事項」を参照してください。

  • 口座引落のトランザクションをインポートする-送信落は、仕入先支払仕訳帳にインポートする必要がある場合、口座引落のトランザクションをインポートを有効にします。

  • 仕訳帳名 - 新しい口座振替のインポートされたトランザクションの仕訳帳名を定義します。

  • 決済トランザクションのアクティブ化: インポートした仕入先の支払は、システム内の請求書で決済する必要がある場合。

支払転送フォームでは、インポートされた情報を確認できます。

ファイル内のレコードのすべての問題が発生した場合、インポートしてください (つまりアカウントを使用して空の仕入先は 1 つを検出する場合) が格納されます。

既知の制限事項

ここでは、この機能に関する既知の制限事項が記載されています。以降の修正プログラム パッケージ内で変更できます。

警告

以下の制限によりいくつかのシナリオは期待どおりに実行できません。運用環境に適用する前にテスト環境でこの機能を理解することを強くお勧めします。

  1. Pain.002 メッセージをインポートするには、中に処理ロジックに基づいて受信ファイル内の 3 つのステータス レベル: 1 - グループの状態 (< OriginMsgId >)、2 - 支払情報のステータス (< PmtinfSts >) と 3 - トランザクションの状態です。仕様では、トランザクションの伝票支払情報する必要があります中間テーブルに保存およびインポート処理中に目的のマッピングに使用します。ですが、エクスポート機能の制限により、それを保存することはできませんとレベルの 2 と 3 つの支払を期待どおりに自動的に更新することはできません。情報ログにエラー メッセージを受け取ったら、対応する支払を検索し、その状態を手動で更新できます。

  2. Camt.054 ファイル内の情報に基づいて、支払明細行の通貨の為替レートを更新できません。

  3. フレームワークの制限により、さらに伝票番号再割り当てのインポート中に新しい支払仕訳帳への支払を再割り当てできません。

  4. 管理レポートは、この修正プログラムには含まれません。照合エラーが発生した場合、情報ログにメッセージを確認することもできます。シナリオによっては、エラーは検出されます視覚的に支払仕訳帳フォームで、または仕訳帳の転記中にします。

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。

  • 操作のための Microsoft Dynamics 365 です。

以下の修正プログラムは、この機能の必要があります。

3213292

3218206

3217049

修正プログラムの情報

発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspx

これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー:
https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+ContactsCustomers:
https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htm

かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

Microsoft Dynamics AX を入手する方法は、ファイルを更新します。

Microsoft Dynamics AX の 7.0、および操作のための Microsoft Dynamics 365、 https://fix.lcs.dynamics.com/issue/results/?q=4010796を参照するために移動できます。

注: これは、マイクロソフト サポートの組織内から直接作成した「高速公開」の資料です。としてでは、ここに含まれる情報が提供されている-は、新たな問題に対応します。速やかに利用できるようにした結果として、内容には誤植が含まれている可能性があり、事前告知なしで改訂する場合があります。その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×