Java コード ビハインド HTML モジュール内の HTML スクリプトのコードを呼び出す方法

概要

マイクロソフトの Java コードの分離のハイパー テキスト マークアップ言語 (HTML) モジュールを使用すると、HTML ページから Java コードのモジュールをロードして、DHTML の Java クラスを使用する Microsoft Internet Explorer ダイナミック HTML (DHTML) を変更できます。この分離コード モジュールから、Microsoft Internet Explorer のオブジェクト モデルに変更を行うことも直接できます。この資料のサンプル コードは、Microsoft 仮想マシン (Microsoft VM) のコンポーネント オブジェクト モデル (COM) の機能を使用し、Internet Explorer のスクリプト コードから直接呼び出す Java コードを使用することが必要な COM インターフェイスのクエリを実行する方法を示しますモジュールです。

詳細情報

このサンプル自己完結型と、マイクロソフトの Java ソフトウェア開発キット (SDK) ツールで構築することができますが、Visual j 6.0 で分離コード HTML プロジェクトの種類に基づきます。代わりに、Visual J では生成されたプロジェクトに依存し、Visual J では使用して、ビルドを実行するには、このコードをデバッグするのには、 onDocumentLoadメソッドをコピーできます。

  1. Class1.java をという名前のテキスト ファイルを作成します。

  2. Class1.java に次のコードをコピーします。

    import com.ms.wfc.html.*;import com.ms.wfc.core.*;import com.ms.com.*;import com.ms.wfc.html.om.*;import com.ms.wfc.html.om.shdocvw.*;public class Class1 extends DhDocument {protected void onDocumentLoad(Object sender, Event e) {IServiceProvider obj = (IServiceProvider)getWindowPeer();IWebBrowserApp pBrowserApp[] = new IWebBrowserApp[1];obj.QueryService(IWebBrowserApp.iid, IWebBrowserApp.iid, pBrowserApp);IWebBrowser2 browser = (IWebBrowser2)pBrowserApp[0];IHTMLDocument2 rawDoc = (IHTMLDocument2)browser.getDocument();Object script = rawDoc.getScript();try {// Call the HTML script method "HelloWorld" through IDispatchDispatch.call(script, "HelloWorld");}catch (ComFailException cfe) {cfe.printStackTrace();}}}

    次の例は、< OBJECT > タグを Java コードの分離に必要な HTML コードです。このサンプルでは、 HelloWorld、 onDocumentLoadメソッドに Java コード ビハインド モジュールで呼び出されるスクリプト メソッドも含まれています。

  3. Page1.htm というテキスト ファイルを作成します。

  4. Page1.htm を次の HTML コードをコピーします。

    <HTML><BODY><H2>Q318735 - How To  Call HTML Script Code in a Java Code-Behind HTML Module</H2><p>(You see an 'alert' dialog appear with the text "Hello World")<OBJECT classid="java:com.ms.wfc.html.DhModule"         height=0 width=0 ... VIEWASTEXT><PARAM NAME=__CODECLASS VALUE=Class1>        <PARAM NAME=CABBASE VALUE=Project1.CAB></OBJECT><SCRIPT>function HelloWorld() {alert("Hello World");}</SCRIPT></BODY></HTML>

    Java クラス ファイルに次の例では、正常に動作するデジタル署名された .cab ファイルに組み込まれる必要があります。デジタル署名された .cab ファイルからこのコードを実行しない場合、コードは標準のアプレットのセキュリティで許可されていない信頼される操作を実行すると Java のセキュリティ例外が表示されます。

  5. Page1.html ファイルの < オブジェクト > タグで使用されているデジタル署名された .cab ファイルをビルドするのには次のコマンドラインを使用します。

    jvc /nomessage /x- Class1.javacabarc n Project1.cab Class1.classmakecert -sk MyKeyName -n "CN=MyTestKey" Project1.cercert2spc Project1.cer Project1.spcsigncode -j javasign.dll -jp LOW -spc Project1.spc -k MyKeyName Project1.cab 
  6. ファイルが組み込まれているクラスの後、アプリケーションをテストするのには Internet Explorer で Page1.htm をロードします。Page1.htm ファイルと Project1.cab ファイルを以前のバージョンに指定した < オブジェクト > タグを使用して同じディレクトリにある必要がありますに注意してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×