KB 875169

Microsoft Dynamics GP 18 シリーズに適用されます

注意 この記事の手順に従う前に、問題が発生した場合に復元できるデータベースの完全なバックアップ コピーを作成してください。

概要

この記事では、Microsoft Dynamics GP の買掛金管理モジュールに推奨される年末クローズ手順について説明します。 [詳細] セクションには、次の情報が含まれます。
 

  • カレンダーの年度末の終了手順を完了するために従う必要がある手順のチェックリスト。

  • 会計年度末の終了手順を完了するために従う必要がある手順のチェックリスト。

  • チェックリストの各手順に関する詳細情報。

  • よく寄せられる質問の一覧。

はじめに

手順を実行する前に、この記事全体をお読みください。 ご質問がある場合は、Microsoft Dynamics テクニカル サポートにお問い合わせください。

詳細情報

買掛金管理マスターの年末の終了チェックリスト

注意 このチェックリストは、会計年度とカレンダー年を同時に終了する場合に使用します。

  1. 年のすべてのトランザクションを投稿します。

  2. [オプション] レポートを使用して、古い試用残高を印刷します。

  3. ベンダー期間分析レポートを印刷します。

  4. Payroll の年末更新プログラムをインストールする (省略可能)

  5. "Pre-1099 Edits" という名前のバックアップを作成します。

  6. 1099 の情報を確認し、必要に応じて編集します。

  7. 1099 ステートメントを印刷します。

  8. "Pre Year-End" という名前のバックアップを作成します。

  9. 年を閉じます。

  10. 会計期間を閉じます。

  11. 税年度を終了します。

  12. "Post Year-End" という名前のバックアップを作成します。

買掛金管理カレンダーの年末の終了チェックリスト

注意 買掛金管理モジュールは日付に依存しますが、SmartList オブジェクト、買掛金管理の概要レポート、および [仕入先の年次サマリー] ウィンドウの [最終クローズ後の金額] ビューは、買掛金管理モジュールの終了に基づいて更新されます。 そのため、SmartList オブジェクト、買掛金管理の概要レポート、および [仕入先の年次サマリー] ウィンドウの [前回のクローズ後の金額] ビューが正しい場合は、次の手順を実行することをお勧めします。

  1. カレンダー年度のすべてのトランザクションを投稿します。

  2. [オプション] レポートを使用して、古い試用残高を印刷します。

  3. "Pre-1099 Edits" という名前のバックアップを作成します。

  4. 1099 の情報を確認し、必要に応じて編集します。

  5. 1099 ステートメントを印刷します。

  6. "Pre Year-End" という名前のバックアップを作成します。

  7. 予定表の年を閉じます。

  8. 会計期間を閉じます。

  9. 税年度を終了します。

  10. "Post Year-End" という名前のバックアップを作成します。

買掛金管理の会計年度末の終了チェックリスト

  1. 会計年度のすべてのトランザクションを投稿します。

  2. ベンダー期間分析レポートを印刷します。

  3. "Pre Year-End" という名前のバックアップを作成します。

  4. 会計年度を閉じます。

  5. 会計期間を閉じます。

  6. "Post Year-End" という名前のバックアップを作成します。

年末チェックリストの各ステップの詳細情報

手順 1: 年のすべてのトランザクションを投稿する

年を閉じる前に、その年のすべてのトランザクションを投稿します。 年を閉じる前に将来の期間トランザクションを入力する場合は、将来の期間トランザクションの新しいバッチを作成します。 将来の期間トランザクションを新しいバッチに保存しますが、1 年が終了するまで新しいバッチをポストしない。

Microsoft Dynamics GP の次の領域は、日付に依存しません。

  • [ ベンダーの年次 サマリー] ウィンドウの [前回のクローズ以降の金額] ビュー

  • SmartList オブジェクト

  • ベンダーの概要レポート

Microsoft Dynamics GP のこれらの領域は、今年のすべてのトランザクションを入力した後、新年のトランザクションを入力する前に支払年を終了しない場合、正しくありません。 ただし、[ベンダーの年 次サマリー] ウィンドウの [前回のクローズ以降の金額] ビューは編集可能です。 そのため、必要に応じて、[ベンダーの年次サマリー] ウィンドウの [前回の終了以降の金額] ビューの情報を更新できます。

[Vendor Yearly Summary] ウィンドウの [Amounts Since Last Close] ビューにアクセスするには、次の手順に従います。

  1. [カード] メニューの [購入] をポイントし、[概要] をクリックします

  2. [仕入先クレジットの概要] ウィンドウで、[ベンダー ID] フィールドにベンダー ID を入力し、[毎年] をクリックします

  3. [概要 ビュー] の一覧で 、[前回の終了 以降の金額] をクリックします

影響を受ける SmartList 列を表示するには、次の手順に従います。

  1. SmartList を開きます。 Microsoft Dynamics GP でこれを行うには、[Microsoft Dynamics GP] メニューの [SmartList] をクリックします。

  2. [購入 ] ノードを展開 し、[ベンダー] をクリックします

  3. [列] をクリックします

  4. [追加] をクリックします。

  5. [使用可能な列] ボックスの一覧で 、次のフィールドをクリック します。
    注意 アスタリスクでフラグが設定されたアイテムは、カレンダーの年末クローズの影響を受ける。 その他のすべての項目は、会計年度末の終値の影響を受ける。

    • *1099 Amount YTD

    • *1099 Amount LYR

    • 請求額 YTD

    • 請求額 LYR

    • 支払額 YTD

    • 支払額 LYR

    • 平均支払日 - 年

    • Discount Available LYR

    • 割引あり YTD

    • Discount Lost LYR

    • Discount Lost YTD

    • Discount Taken LYR

    • Discount Taken YTD

    • Finance Charge LYR

    • Finance Chare YTD

    • 財務料金 LYR の数

    • 財務料金 YTD の数

    • 請求書 LYR の数

    • 請求書 YTD の数

    • 有料請求書 YTD の数

    • LYR を返します。

    • YTD を返します。

    • Trade Discounts Taken LYR

    • Trade Discounts Taken YTD

    • LYR の保有

    • YTD のホールド

    • ライトオフ LYR

    • YTD の書き込み

  6. [OK] をクリックします。

  7. [OK] をクリックします。

ベンダーの概要レポートを表示するには、次の手順に従います。

  1. [レポート ] メニューの [購入] をポイントし、[分析] を クリックします

  2. [レポート] ボックスの一覧 で、[カレンダー年] をクリックします

  3. [オプション] の一 覧でオプションをクリックし、[印刷] を クリックします


手順 2: [オプション] レポートを使用して、古い試用残高を印刷する

年末の永続的な財務記録を保持するために、[オプション付き古い試用残高] レポートの用紙コピーを印刷することをお勧めします。 この場合、次の手順を実行します。

  1. [レポート ] メニューの [購入] をポイントし、[試用残高] をクリックします

  2. [レポート] ボックスの一覧 で、[ オプションを使用した古い試用残高] をクリックします


手順 3: ベンダー期間分析レポートを印刷する

ベンダー期間分析レポートの用紙コピーを印刷して、年末の永続的な財務記録を保持することをお勧めします。 これを行うには、次の手順に従います。

  1. [レポート ] メニューの [購入] をポイントし、[分析] を クリックします

  2. [レポート] ボックスの一覧 で、[期間] を クリックします

手順 4: Payroll の年末更新プログラムをインストールする (省略可能)

1099 フォームの変更など、買掛金管理のコンプライアンスの変更がある場合は、Payroll の年末更新プログラムをインストールします。 買掛金管理の税年度に変更やコンプライアンスの問題がない場合は、この手順をスキップできます。



Payroll の年末更新プログラムに含まれる変更を確認します。 これを行うには、適切な Microsoft Web サイトにアクセスしてください。

米国の年末更新プログラム - Dynamics GP |Microsoft Docs

手順 5: "Pre-1099 Edits" という名前のバックアップを作成する

バックアップを作成し、バックアップを安全で永続的なストレージに格納します。 バックアップでは、年末に会社の財務状況を永続的に記録できます。このバックアップは、必要に応じて後で復元できます。 バックアップを使用すると、年末の終わりの手順で電力変動などの問題が発生した場合に、データをすばやく回復できます。

Microsoft Dynamics GP でバックアップを作成するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP] メニューの [メンテナンス] をポイントし、[バックアップ] をクリックします。

  2. [会社 名] ボックスの 一覧で、会社名をクリックします。

  3. 必要に応じてバックアップ ファイルのパスを変更し 、[OK]をクリックします。
    注意 このバックアップには、他のバックアップと区別するために、"Pre-1099 Edits" という名前を付けすることをお勧めします。

手順 6: 1099 の情報を確認し、必要に応じて編集する

1099 編集リストを印刷するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP]メニューの[ツール]をポイントし、[ルーチン] をポイントし、[購入] をポイントして、[印刷1099]をクリックします。

 2. 会社情報と住所 ID を入力します。

3. 右上隅にあるプリンター アイコンをクリックして、[リストの編集] を印刷します。 精度を確認します。

4. 1099 情報を編集する必要がある場合は、次のいずれかの方法を使用します (方法 1 と 2 は Microsoft Dynamics GP 2013 以上 のバージョンに推奨され、このブログにも示されています)。方法



1: (推奨) 1099 トランザクションの詳細を編集する (Microsoft Dynamics GP 2013

以上のバージョンに適用) 1. [トランザクション] をクリックし、[購入] をポイントし、[1099 トランザクション情報の編集] をクリックします。

2. 適切なベンダー ID を選択します。 (ウィンドウには、1099able に設定されているベンダーだけが表示されます)。

3. 必要に応じて、クーポン番号、ドキュメント番号、日付で制限できます。

4. 1099 デビット トランザクション、すべてのデビット トランザクション、またはすべてのクレジット トランザクションを使用する場合に選択します。

5. ベンダーのトランザクションの詳細がウィンドウの下部に入力されます。 トランザクションごとに、開いているトランザクションと履歴トランザクションの [税の種類]、[ボックス番号]、および [金額] を編集できます。 注: 文書の合計金額より 1099 を超える金額を入力できません。

6. [プロセス] をクリックして変更を加え、1099 が更新されます。 

 

方法 2:ベンダーが正しくマークされていない: (Microsoft Dynamics GP 2013 以上のバージョンに適用)

ベンダーを 1099able としてマークし、持ってはいけない場合、またはベンダーを 1099able としてマークするのを忘れた場合は、Update 1099 Information ユーティリティを使用して、ベンダーの 1099 の状態を変更したり、1099 情報を更新したりすることもできます。 1099 ベンダーを 1099 以外に変更したり、visa を変更したりできます。

1. [Microsoft Dynamics GP] の [ツール] をクリックし、[ユーティリティ] をポイントし、[購入] をポイントして、[Update 1099 Information]をクリックします。

2. [ベンダー] と [1099 トランザクション] の箇条書きをマークします。

3. [FROM] セクションと [TO] セクションで、次を入力します。

• ベンダーを 1099able に変更するには、[FROM] セクションで [Not a 1099 Vendor] を選択し、[TO] セクションで適切な 1099 種類の [Dividend, Interest] または [その他] と適切な 1099 Box 番号を選択します。 (その他および Box 7 Nonemployee 補正が最も一般的です)。

• ベンダーを 1099able に変更しない場合: [FROM] セクションのベンダーの [ベンダー メンテナンス オプション] ウィンドウで選択されている現在の税の種類と 1099 ボックス番号を選択し、[TO] セクションで [Not a 1099 Vendor] を選択します。

* [Not a 1099 Vendor] がドロップダウン リストのオプションではない場合は、Microsoft Dynamics GP 2013 より上位の GP バージョンを使用していないか、手順 2 で説明するように [ベンダーと 1099 トランザクション] を選択していません。

4. 範囲制限を使用して、変更するベンダー ID に制限し、[挿入] をクリックします。

5. [プロセス] をクリックします。 ベンダーの状態は [ベンダー メンテナンス オプション] ウィンドウで更新され、1099 の情報が適切に更新されます。 1099 詳細ウィンドウ (方法 1 を参照) を使用して確認できます。


方法 3: -1099 を直接編集します (Microsoft Dynamics GP 2010 以前のバージョンでは使用しますが、すべてのバージョンで使用できます)。(注: 1099 の調整ユーティリティでは、この方法を使用して行ったすべての編集が元に戻されます)。

1. [カード] メニューの [購入] をポイントし、[1099 詳細] をクリックします。

2. [ベンダー ID] の一覧で、ベンダー ID をクリックします。

3. [税の種類] ボックスの一覧で、次のいずれかを選択します。

Dividend

関心

その他

4. [表示] 領域で、[月] または [年] をクリックし、[年] フィールドに「20XX」と入力します。 (20XX プレースホルダーの目的の年を入力します)。

5. [金額] 列に、正しい 1099 の金額を入力します。 [保存] をクリックします。


方法 4:1099 を直接編集します (Microsoft Dynamics GP 2010 以前のバージョンでは使用しますが、すべてのバージョンで機能できます)。(注: 1099 Amounts の調整ユーティリティでは、この方法を使用して行った編集はすべて元に戻します)。

1. [カード] メニューの [購入] をポイントし、[概要] をクリックします。

2. [ベンダー ID] の一覧で、ベンダー ID をクリックし、[期間] をクリックします。

3. [年] フィールドに「20XX」と入力します。 (20XX プレースホルダーの目的の年を入力します)。

4. [月/期間] フィールドで、適切な月または期間を選択します。

5. [1099 Amount] フィールドの横に表示される [1099 Details] 青の展開ボタンをクリックします。 この 1099 詳細ウィンドウが開きます。

6. [金額] 列に、それぞれのボックスに正しい 1099 の金額を入力します。

7. [保存] を押します。 残りのウィンドウの外に存在します。
 

手順 7: 1099 ステートメントを印刷する

注意 この操作は、いつでも実行できます。

1099 ステートメントを印刷するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP]メニューの[ツール]をポイントし、[ルーチン] をポイントし、[購入] をポイントして、[印刷1099]をクリックします。

  2. [1099 年] フィールドに「20XX」と入力します。 (20XX プレースホルダーの年を入力します)。

  3. 1099 種類のレポートは、それぞれ個別に印刷する必要があります。 [印刷 1099] ウィンドウで 、[1099 の 種類] フィールドと [1099 ボックス番号] フィールドで必要なオプションをクリックし、[印刷] をクリック します

次の表は、1099 フォームのフィールドと、この情報を Microsoft Dynamics GP で使用できる場所に関する追加情報を示しています。

フィールド

データが保存されているウィンドウ

支払い人の名前、番先、市区町間、州、郵便番号

1099 ウィンドウを印刷する

支払者の連邦 ID 番号

1099 ウィンドウを印刷する

受信者の名前、住所、郵便番号/郵便番号

[ベンダー メンテナンス ] ウィンドウのプライマリ アドレス

受信者の識別番号

[仕入先の メンテナンス オプション] ウィンドウの [税 ID] フィールド

[Amounts for boxs 1-9 on the Dividend Form]、または [その他のフォーム] の 1 ~ 16 のボックスの金額

[ベンダーの年間サマリー] ウィンドウの [1099 金額] フィールド

現在、Microsoft Dynamics GP では、状態 1099 の磁気メディア ファイリングは処理されない。 次の Microsoft Dynamics パートナーは、互換性のある State W-2 および 1099 磁気メディア製品を提供しています。 詳細については、次の連絡先にお問い合わせください。

Greenshades Accounting Software, Inc.
7800 Belfort Parkway Suite 220
Jacksonville,FL 32207
一般: 1-800-209-9793 (無料)
売上: 1-800-209-9793x2 (無料)

sales@greenshades.com http://www.greenshades.com

手順 8: "Pre Year-End" という名前のバックアップを作成する

バックアップを作成し、バックアップを安全で永続的なストレージに格納します。 バックアップでは、年末に会社の財務状況を永続的に記録できます。このバックアップは、必要に応じて後で復元できます。 バックアップを使用すると、年末の終わりの手順で電力変動などの問題が発生した場合に、データをすばやく回復できます。

Microsoft Dynamics GP でバックアップを作成するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP] メニューの [メンテナンス] をポイントし、[バックアップ] をクリックします。

  2. [会社 名] ボックスの 一覧で、会社名をクリックします。

  3. 必要に応じてバックアップ ファイルのパスを変更し 、[OK]をクリックします。
    注意 このバックアップには、他のバックアップと区別するために、"Pre Year-End" という名前を付けすることをお勧めします。

手順 9: 年を閉じる

年を閉じるには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をポイントし、[ルーチン] をポイントし、[購入] をポイントして、[閉じる] Year-Endクリックします。

  2. 会計年度とカレンダー年の両方を同時に閉じる場合は、[すべて] をクリック します。 予定表の年を閉じるだけの場合は、[予定表] を クリックします。 会計年度を終了する場合は、[会計] を クリックします

  3. [レポートの印刷] チェック ボックスをオンにして 、[年を閉じる] をクリックします
    注: 年度末レポートの用紙コピーを、永続的な年度末監査レコードと共に保持することをお勧めします。

[Vendor Yearly Summary] ウィンドウを表示するには、次の手順に従います。

  1. [カード] メニューの [購入] をポイントし、[概要] をクリックします

  2. [ベンダー ID] フィールド に表示するベンダー ID を入力し、[毎年] をクリックします

予定表の年の詳細
Microsoft Dynamics GP のカレンダーの年末プロセスでは、[1099 Amount Year to Date]フィールドがクリアされ、[Vendor Yearly Summary] ウィンドウの [Amounts Since Last Close]ビューの[1099 Amount Last Year] フィールドに金額が転送されます。

会計年度の詳細
Microsoft Dynamics GP の会計年度末プロセスでは、次のフィールドがクリアされます。

  • 請求額 YTD

  • 支払額 YTD

  • 平均支払日 - 年

  • 割引あり YTD

  • Discount Lost YTD

  • Discount Taken YTD

  • Finance Charge YTD

  • 財務料金 YTD の数

  • 請求書 YTD の数

  • 有料請求書 YTD の数

  • YTD を返します。

  • Trade Discounts Taken YTD

  • YTD のホールド

  • YTD の書き込み

これらのフィールドの金額は、[ベンダー年次サマリー] ウィンドウの [前回のクローズ以降の金額] ビューでも更新されます。

  • 請求額 LYR

  • 支払額 LYR

  • Discount Available LYR

  • Discount Lost LYR

  • Discount Taken LYR

  • Finance Charge LYR

  • 財務料金 LYR の数

  • 請求書 LYR の数

  • LYR を返します。

  • Trade Discounts Taken LYR

  • LYR の保有

  • ライトオフ LYR

手順 10: 会計期間を閉じる

[会計期間の設定] ウィンドウを使用して、その年度にまだ開いているすべての会計期間を閉じできます。 これにより、ユーザーが誤って間違った期間または年にトランザクションを投稿しないようにします。 会計期間を終了する前に、すべてのモジュールの期間と年のすべてのトランザクションを投稿したと確認します。 既に終了している会計期間に後でトランザクションをポストする必要がある場合は、[会計期間の設定] ウィンドウに戻って、トランザクションを投稿する前に期間を再度開きます。


会計期間を終了するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GPを選択し、[Microsoft Dynamics GP]メニューの [ツール] をポイントし、[セットアップ] をポイントし、[会社] をポイントして、[会計期間]をクリックします

  2. 閉じる必要がある 期間の [ 購入] チェック ボックスを オンにします。

手順 11: 税年度を終了する

注意 この手順は、すべての販売および購入モジュールの年度末の終了手順を完了した後にのみ完了する必要があります。

税年度を終了するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をポイントし、[ルーチン] をポイントし、[会社] をポイントして、[閉じる] をクリックYear-Endします。

  2. [年を閉じる] チェック ボックスと [レポートの印刷 ] チェック ボックスを オンにします。

  3. [プロセス] をクリックします。 年末の終了を続行するように求めるメッセージが表示されます。 [はい] をクリックします。
    注: 年度末レポートの用紙コピーを、永続的な年度末監査レコードと共に保持することをお勧めします。

手順 12: "Post Year-End" という名前のバックアップを作成する

バックアップを作成し、バックアップを安全で永続的なストレージに格納します。 バックアップでは、年末に会社の財務状況を永続的に記録できます。このバックアップは、必要に応じて後で復元できます。 バックアップを使用すると、年末の終わりの手順で電力変動などの問題が発生した場合に、データをすばやく回復できます。

Microsoft Dynamics GP でバックアップを作成するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP] メニューの [メンテナンス] をポイントし、[バックアップ] をクリックします。

  2. [会社 名] ボックスの 一覧で、会社名をクリックします。

  3. 必要に応じてバックアップ ファイルのパスを変更し 、[OK]をクリックします。
    注意 このバックアップには、他のバックアップと区別するために、"Post Year-End" という名前を付けすることをお勧めします。

よく寄せられる質問

Q1: 非アクティブなベンダー レコードは、年末のクローズ中にクリアされますか。 そうしない場合、非アクティブなベンダー レコードを削除する方法

A1: いいえ。非アクティブなベンダー レコードは自動的に削除されません。 非アクティブなベンダー レコードを削除するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • ベンダーに対して現在の年 1099 の金額が存在しない

  • ベンダーには、作業や履歴にドキュメントはありません。

これらの条件に一致する非アクティブなベンダー レコードを削除するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Dynamics GP で、[Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をポイントし、[ユーティリティ] をポイントし、[購入] をポイントして、[一括ベンダーの削除] をクリックします。

  2. [範囲] ボックスの 一覧で、[ベンダー の状態] をクリックします

  3. [開始] ボックスの一覧 で、[非アクティブ] を クリックします

  4. [To] ボックスの一覧 で [Inactive] を クリックします

  5. [プロセス] をクリックします

Q2: 来年の 1 月 1 日にチェックを発行する必要があるが、今年を閉じる準備がまだ整っていない場合は、どうする必要がありますか。

A2: チェックを印刷しますが、年度末の終了を処理するまで、チェックを投稿しません。 チェックを直ちに投稿する必要がある場合は、[ベンダーの年間サマリー ] ウィンドウの [前回のクローズ以降の金額] ビューで [支払額] フィールドを変更します。


 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×