現象

Internet Explorer 8 を利用中の環境で KB2171141 の修正を適用後、互換表示設定のダイアログを表示すると、互換表示設定のダイアログが操作できなくなります。

原因

本現象はKB2171141 に含まれる ieframe.dll とInternet Explorer 8 のurlmon.dll の実装に不整合がある為に発生する現象です。

回避策

現象の発生原因となるモジュール間の不整合を解消するために urlmon.dll を含む修正モジュールを適用します。

手順
-------------------------------------- 
1. KB982063 の urlmon.dll を含む修正をダウンロードします。

Web ページは表示されませんが正しく、Web ページを使用して Internet Explorer 8 標準モードまたは互換表示で Internet Explorer 7 を参照する場合


2. ダウンロードした KB982063 の修正を適用し、端末を再起動します



再起動後、Internet Explorer 8 の互換表示設定のダイアログを表示の操作が可能となります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Internet Explorer 8 restores the search provider settings when the "Prevent Internet Explorer Search box from displaying" Group Policy setting is enabled

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×