KB4039124-FIX: LSASS でのメモリスパイク。EXE で、SSRS 2016 または2017で基本認証モードを有効にした場合

現象

Microsoft SQL Server 2016 または 2017 Reporting Services (SSRS) の基本認証モードを有効にした後、メモリ使用量は増加し続けるため、finally でメモリスパイクが発生します。EXE プロセス。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

       SQL Server 2017 の累積更新プログラム1

       SQL Server 2016 SP1 の累積更新プログラム5

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2017 の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2016 の最新の累積的な更新プログラム

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×