概要

SQL Server では、データベースのバックアップとログのバックアップの圧縮が有効になります。 これを行うには、バックアップコマンドの圧縮フラグか、[ sp_configure backup_compression ] オプションのいずれかを使用します。 透過型のデータ暗号化 (TDE) を有効にしたデータベースの場合は、MAXTRANSFERSIZE の設定を [バックアップ] コマンドで 64 KB より大きい値に設定して、効果的な圧縮を実現する必要があります。

この制限はバックアップコマンドに対して簡単に行うことができますが、これはログ配布によって生成されるバックアップには使用できません。 現在、ログ配布では、MAXTRANSFERSIZE プロパティを設定するための方法 (UI またはコマンドラインパラメーターとして) は提供されません。この修正プログラムでは、データベースが tde 用に有効になっている場合に効果的な圧縮を実現できるように、内部でログ配布が MAXTRANSFERSIZE を 1 MB に設定します。の MAXTRANSFERSIZE setting は、ログ配布ユーザーには公開されません。

詳細情報

この更新プログラムは、次の記事で説明されている修正プログラムに含まれています。

4099490SQL Server 2016 SP1 の4099490オンデマンド修正プログラムパッケージ

SQL Server の累積更新プログラム:

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

       Sql server 2016 SP2 の累積的な更新プログラム 2(SQL server 2016 SP1 の累積更新プログラム 10 )                

       SQL Server 2017 の累積更新プログラム7

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

SQL Server 2017 の最新の累積的な更新プログラム

SQL Server 2016 の最新の累積的な更新プログラム

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×