KB4490140-FIX: SQL Server 2014、2016、2017の変更履歴のクリーンアッププロセスでスタックダンプが発生する

現象

SQL Server 2014、2016、2017で変更管理が有効になっているデータベースがあることを前提とします。変更履歴の自動クリーンアップタスクによって、表の名前が文字化けすることがあるというエラー22122/22123 メッセージが表示される、または印刷時にアクセス違反が発生する場合があります。 エラーメッセージ。また、スタックダンプが発生することもあります。 エラーログは次のようになります。

<DateTime> Spid # エラー: 22123、Severity:16、State: 1。

<DateTime> Spid # 変更履歴の自動クリーンアップがブロックされています "岝縋잭橦䱂䭃Y" のサイドテーブル。 問題が解決しない場合は、 テーブル "岝縋잭橦䱂䭃Y" がいずれかのプロセスによってブロックされているかどうかを確認する .

<DateTime> spid # * * * * スタックダンプ <FileLocation に送信されました>

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、すべて 修正プログラムと、以前のバージョンに含まれていたすべてのセキュリティの修正 累積更新プログラム。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

回避策

この問題を回避するには、トレースフラグ8293を有効にします。

参照情報

用語について Microsoft はソフトウェアの更新について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×