KB4538205: 新しい CAB ファイルをダウンロードして、R/Python ランタイム機能を修正します。

改善

この改善には、新しい CAB ファイルを使用した SQL Server 2017 online の更新が含まれています。 新しい CAB ファイルには、R/Python ランタイム機能について次のような修正があります。

  • SQL に、OutputDataSet の形式で varbinary または binary データ型を SQL に返すと、python スクリプトの実行 sp_execute_external_script データが失われることがあるというバグを修正しました。 この更新プログラムを使用すると、データの損失が完全に廃止されます。

  • Sp_execute_external_scriptのバグを修正しました R スクリプトを実行すると、次の警告メッセージが表示されます。 この更新プログラムを適用すると、警告メッセージが表示されなくなります。

からの STDERR メッセージ 外部スクリプト:

起動中- 警告メッセージ:

チェックイン setJsonDatabasePath (system. "extdata/capabilities",:

バイトコードのバージョン 違いeval の使用

解決方法

この改善点は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムに含まれています。

SQL Server の累積更新プログラムについて:

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

関連情報

ソフトウェアの更新を説明するために Microsoft が使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×