改善

Microsoft SQL Server 2019 累積更新プログラム 18 および Microsoft SQL Server 2017 累積更新プログラム 31 では、Stretch Database サービスに新機能が追加されます。 以前のバージョンの Stretch Database では、SQL Serverから、Azure Synapse Analytics の専用 SQL プール (旧称 SQL DW) インフラストラクチャ内でホストされているAzure SQL データベースに、ウォーム トランザクション データとコールド トランザクション データを動的に移行できます。 一般的なコールド データ ストレージとは異なり、データは常にオンラインであり、Stretch Database を使用してクエリを実行できます。

この機能強化が行われた後、Stretch Database 機能を使用してテーブルをリモート アーカイブにストレッチするときにプロビジョニングされる既定のAzure SQL データベースは、Azure SQL データベース論理サーバー内でホストされます。 既定のサービス レベル目標 (SLO) は S3 データベースになります。 Hyperscale サービス レベル内で拡張テーブルをプロビジョニングするために使用できる新しいトレース フラグ (TF 10460) を導入しました。 このトレース フラグは、スタートアップ フラグまたはグローバル トレース フラグとして有効にすることができます。 これは、適用後に引き伸ばされたテーブルに対して直ちに有効になります。

概要

Stretch Database は 2022 年 SQL Server (16.x)、Stretch Database 機能の既存のユーザーは、この最新の累積的な更新プログラムを適用した後、この機能強化された機能を使用することをお勧めします。 Stretch Database を使用する既存のテーブルがある場合は、Azure からオンプレミスにデータを移行または戻し、機能を無効にすることができます。 次に、この機能を再び有効にし、テーブルをもう一度拡張して、新しい Azure SQL Database サービス レベルのいずれかを使用できます。 このアクションでは、新しいAzure SQLデータベース論理サーバーを作成する必要はありません。 詳細については、「Stretch Database を無効にしてリモート データを取り戻す」を参照してください。

この更新プログラムを適用すると、データは Azure SQL Database サービス レベル (S3 または Hyperscale) に移行されます。 Stretch Database の価格は、選択された Azure SQL Database サービス レベルによって異なります。 データベース ストレッチ ユニット (DSU) に基づくパフォーマンス レベルの価格は適用されなくなります。

詳細情報

この機能強化により、オンプレミス SQL Server インスタンスに対して Stretch Database 機能によって使用されるAzure SQL データベース サービス レベルが更新され、2022 年SQL Server非推奨になった後も Stretch Database が引き続き機能できるようになります。 

この機能強化は、SQL Serverの次の累積的な更新プログラムに含まれています。

SQL Serverの新しい累積的な更新プログラムには、前のビルドにあったすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 お使いのバージョンのSQL Serverに最新のビルドをインストールすることをお勧めします。

関連情報

Microsoft がソフトウェア 更新 プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×