Management Reporter GP レガシ プロバイダーとの統合された通貨翻訳

現象

このドキュメントでは、Microsoft Dynamics GP および Management Reporter Dynamics GP レガシ プロバイダーを使用する統合通貨換算レポートの作成について説明します。 Microsoft Dynamics GP および Management Reporter では、さまざまな方法で通貨換算とレポートを設定できますが、このドキュメントの目的のために、次の前提を行います。

注: 以下に説明する情報は、Management Reporter Dynamics GP Data Provider には関係ではありません。 Data Providerを使用した 通貨換算の詳細については、このブログを参照してください。

1. Dynamics GP には 2 つの会社が設定されています。 一方は米ドルの機能通貨で設定され、もう 1 つは CAD の機能通貨に設定されます。



2. 管理レポートで統合レポートを作成し、CAD 会社を米ドルに変換する場合。



3. 2 つの会社が同じ取引先企業のグラフを使用しています。


4. 管理レポート Dynamics GP レガシ プロバイダーを使用しています。


通貨換算を作成して使用するには、次のソフトウェアを使用する必要があります。



·Microsoft Dynamics GP 2010 SP1 以降のバージョン

·Management Reporter V2 FP1 以降のバージョン

詳細情報



セクション 1: Dynamics GP と Currency Translation Setup


A. 機能通貨

B. Exchange テーブルを作成し、料金 C を

入力します。 Multicurrency Access

D. Multicurrency Setup

E. 利率

の種類 F。 アカウントの翻訳の種類



セクション 2: 管理レポート の統合レポート


A。 レポート B を

作成する。 翻訳の


種類のセクション 1:

Dynamics GP と通貨換算のセットアップ


A. 機能通貨



: 両方の会社の機能通貨を確認します。



Microsoft Dynamics GP メニュー >> ツール >> セットアップ >> Financial >> Multicurrency


代替テキスト


: このセクションの残りの手順はすべて、変換が行われる会社で行う必要があります。 この例では、CAD 会社が使用されます。


B. Exchange テーブルを作成し、レートを入力して 3 つの Exchange テーブルを作成


し、さまざまな翻訳の種類を示します。 それぞれの料金を入力します。


Microsoft Dynamics GP メニュー >> ツール >> セットアップ >> System >> Exchange テーブル: 平均テーブルを作成する:代替テキストExchange テーブル








ID: CAD-US AVG Description: Canadian to US Average



Currency ID: Z-US$

Rate Frequency: Monthly Rate

Calculation Method: Divide

Transaction

Rate Default: Previous Date (このセクションのトランザクションレートの既定値に関するメモを参照)。[未読の料金: 無制限のクリック率]代替テキストを検索します。この例では、翻訳を簡単に確認できるレートと日付を









入力しています。 料金と日付はシステムによって異なります。 一定の期間の料金を確認するには、管理レポートの有効な日付範囲を入力する必要があります。



また、Dynamics GP では、レポートまたは元の通貨から機能通貨に戻すレートを入力すると想定されます。 この例では、利率は CAD から米国に戻る値です。 Management Reporter では、利率は米国から CAD に変換されるので、乗算しているように見えるでしょう。



現在のテーブルを作成する:代替テキストExchange テーブル ID: CAD-US CUR の説明: カナダから米国の現在の通貨 ID: Z-US$ 利率の計算方法: 月次利率の計算方法: 取引レートの既定の除算: 不発のレートの前の日付検索: 無制限のクリック率:代替テキスト履歴テーブルの作成:代替テキストExchange テーブル ID: CAD-US HIST の説明: カナダから米国の歴史的通貨




































ID: Z-US$



















率: 月次利率の計算方法: 取引レートの分割の既定: 未読レートの前の日付検索: 無制限のクリック率:代替テキスト取引レートの既定のメモ: 複数通貨の取引が入力された場合に使用される為替レートを決定するには、[取引レートの既定] オプションを選択します。 取引を入力する度に、通貨を選択する必要があります。 取引日の為替レートが表示されない場合は、ここで選択したオプションを使用して為替レートが選択されます。



既定の為替レートを取引日と同じ日付の為替レートに限定する場合は、[日付の正確な日付] を選択します。 取引日の為替レートがない場合、既定の為替レートはありません。



取引日に利率が存在しない場合に、既定の為替レートを最も近い前の日付の利率に設定する場合は、[前の日付] を選択します。 取引日の為替レートが存在する場合、そのレートが既定の為替レートとして使用されます。 また、未読の為替レートを検索する前の日数を入力する必要があります。



取引レートの既定値として前の日付を使用し、検索制限として指定した日数以内に前の日付の未読のレートがない場合、最も近い将来の日付が既定の為替レートとして表示されます。



[次の日付] 既定の為替レートを、取引日より後の最も近い日付のレートに設定する場合 (取引日の利率が存在しない場合) を選択します。 取引日の為替レートが存在する場合、そのレートが既定の為替レートとして使用されます。 また、未読の為替レートを検索する前の日数を入力する必要があります。



取引レートの既定値として次の日付を使用し、既定値が 1 つではない場合、取引日より前に最も近い未読レートが既定の為替レートとして表示されます。 検索に指定した日数だけが、未読の前の割合を判断するために使用されます。



注: FRx 通貨翻訳ツールの機能は、以前の日付の設定をお勧めします。



C. Multicurrency Access では



、各通貨の Exchange テーブルへのアクセス権を会社に付与します。



Microsoft Dynamics GP メニュー >> ツール >> システム >> Multicurrency Access >> D を 代替テキスト






します。 Multicurrency Setup


Set up the Multicurrency Setup window.


Microsoft Dynamics GP メニュー >> ツール >> >> 財務 >> マルチ通貨 代替テキストレポート通貨




: Z-US$ 為替レート:

1.00000000 利率計算方法: 通貨



ID の分割 Z-US$:












既定の取引レートの種類: 財務: AVERAGE 売上: SELL 購入: E を購入します。 [利率



の種類] 交換テーブルのレートの種類を構成します。



Microsoft Dynamics GP メニュー >> ツール >> セットアップ >> 財務 >> 利率の種類 代替テキスト





AVERAGE、BUY、または SELL の各利率の種類が [利用可能な利率の種類] リストに表示されない場合、その種類は他の交換テーブルに割り当てられます。 これらのテーブルから割り当て解除すると、それらのテーブルを新しいテーブルに割り当てできます。



F. [アカウントの翻訳の種類] では、翻訳するアカウントの [通貨翻訳



の種類] を設定します。 この設定では、アカウントで平均、現在の翻訳、履歴の翻訳を使用するかどうかを制御します。 この設定は、(手順 D の) [Multicurrency セットアップ] ウィンドウで、使用する交換テーブルを決定するために機能します。



「 >> 財務 >> アカウント 代替テキスト





2: 管理レポートの

統合レポート


A。 [レポート


の作成] このセクションでは、両方の会社が同じ取引先企業のグラフを持っている場合を前提とします。 このセクションでは、セグメントの説明が会社間で同じものも想定しています。 アカウントと説明が異なる場合でも問題ありません。さらに多くのデザイン作業が必要なだけで、このドキュメントでは説明しません。



1. 目的のアカウントを取り込む行を作成します。



[ファイル >> 新しい >> 行 代替テキスト



2. 両方の会社にリンクするツリーを作成します。 ディメンションは、データを取り出す場合を限り、必須ではありません。


ファイル >> 新しい >> ツリー

代替テキスト


3. 翻訳を処理し、各会社を独自の列に分割する列を作成します。 この例では、CAD 翻訳済み列と CAD 非翻訳列があります。実際の翻訳を表示します。 管理レポートの翻訳を指示するセルは、通貨ソース セルのみです。



[ファイル >> 新しい >> 列





代替テキスト4. レポート定義を作成します。


[ファイル >> 新しい >> レポートの定義



]代替テキスト



5. レポートを生成し、翻訳された結果をメモします。

代替テキスト

注意点を次に



示します。1. 最初の列は、米ドルで投稿された $1,000 であり、翻訳されていない金額です。

2. 2 番目の列は、CAD 会社の翻訳された金額です。

3. 3 番目の列は、CAD 会社の CAD に 1,000 ドルで投稿され、翻訳されていない金額です。




B. ここに示

す翻訳の種類は、各翻訳の種類が Dynamics GP および Management Reporter でどのように機能するのかです。



[現在の値] - [現在の値] は、各列の日付に基づく為替レートで、[レポートの日付] と列または行の修飾子から取得されます。 各列では、個別の利率が使用されます。 この翻訳の種類は、通常、貸借対照表アカウントと YTD 列で使用されます。 


Average – 平均は、各期間の単一の為替レートです。 管理レポートでは、期間の平均を交換テーブルに入力すると想定される平均利率は実際には計算されません。 各期間は、その期間の平均利率で計算され、YTD の結果は期間の合計から合計されます。 この翻訳の種類は、通常、損益計算書勘定で使用されます。



履歴 - 履歴は、取引日に基づく為替レートです。 取引日は、その期間の利率を検索するために使用され、翻訳に使用されるレートです。 この翻訳の種類は、通常、在庫、固定資産、長期責任、株式/保有収益などの非通貨資産で使用されます。



C. 翻訳された開始残高情報を入力します。[通貨翻訳] ウィンドウを使用して、平均および過去の通貨換算の種類の開始残高情報

を翻訳できます。 新しい翻訳通貨の翻訳された開始残高を入力したり、翻訳された開始残高の金額を修正したりもできます。 現在の翻訳の種類では、レポートの日付が為替レートに使用されるので、現在の翻訳の種類の開始日を翻訳する必要はありません。

翻訳を設定すると、翻訳通貨の翻訳された開始残高と共に、年を閉じると、開始残高が作成されます。

代替テキスト

翻訳された開始残高情報を入力するには:

  1. [通貨換算] ウィンドウを開きます。 (Microsoft Dynamics GP メニュー >> ツール >> ルーチン >> 財務 >> 翻訳)


  2. [年] を 選択します。 利用可能な開いた年と過去の年だけが使用できます。

  3. 通貨 ID を選択します。 [多通貨設定] ウィンドウで翻訳通貨として選択した通貨だけが、使用している会社で使用できます。

  4. [通貨換算 の種類] を選択します

    通貨換算の種類に一致する開始残高があるアカウントは、前に入力した換算金額と共にスクロール ウィンドウに表示されます。 国際財務報告標準 (IFRS) の台帳を使用している場合は、スクロール ウィンドウに、各勘定/レポートの台帳の組み合わせが個別の行として表示されます。

  5. 単一の為替レートで複数のアカウントを更新するには、翻訳されたデビットまたはクレジット金額の計算に使用される為替レートを入力します。

  6. スクロール ウィンドウで、開始残高を翻訳するアカウント番号の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  7. [ 計算] をクリックして、選択したアカウントの翻訳された金額を為替レートを使用して計算します。

  8. 金額を翻訳するには、スクロール ウィンドウでアカウントの別の為替レートを入力できます。 [計算] を選ぶと、スクロール ウィンドウに入力された為替レートは使用されません。 また、翻訳された金額を入力できます。

  9. [ 保存] をクリックして、翻訳された残高に移動します。










ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×