Microsoft 数式エディターを使用して作成された数式を編集する

Microsoft 数式エディター 3.0 (MEE) は、ユーザーが数式をドキュメントに追加するのに役立つ、Office の多くのバージョンに含まれているサード パーティ製のコンポーネントです。 MEE は、セキュリティ上の懸念から製品から引き出Office 2007 年にさかのぼって戻されました。 最新の組み込みの Office 数式エディターでは、Office ファイル内の数式の優先書式として Office 数式マークアップ言語 (OMML) がOfficeされます。

既存の MEE 数式を編集する場合は、OMML 形式に変換する必要があります。

数式を変換する方法

変換を開始するには、数式をダブルクリックするか、数式を選択して Enter キーを押す必要 があります。 この操作を行う場合は、この数式 (およびこのファイル内の他のすべての数式) を OMML 形式に変換するように求めるメッセージが表示されます。

選択Officeの数式を新しい形式に変換する数式コンバーターです。

注: この操作は、Microsoft 数式エディターで作成された数式に対して行う必要があります。

数式は正常に変換されますか?

ほとんどの場合、数式は変換する必要があります。 フォントや間隔が若干異なるなど、書式設定の違いがいくつか表示される場合があります。数式で色を使用した場合は、変換後に色を再適用する必要がある場合があります。

1 つの例外は、数式コンバーターが長い除算をサポートしていない場合です。 数式に長い除算が含まれている場合は、古い形式から変換するのではなく、数式を再作成する必要があります。

ダブルクリックしたが、数式の変換を求めるメッセージが表示されません

変換を求めるメッセージが表示されなき場合、次の原因が考えられる原因があります。

  • この数式は、既に OMML などのサポートされている形式で、変換を必要としない場合があります。

  • 数式コンバーターは、Office ビルド 16.0.10730 以降 Microsoft 365 2019 以降でのみ使用できます。

    ヒント: 使用しているアプリのビルド Microsoft 365 が分からないでしょうか。 「 バージョン情報Office: 使用しているOfficeバージョンを確認する

  • ファイルが古い形式である場合があります。例:DOC、.PPT、または .XLS。 最新の Office Open XML 形式でファイルを保存するには、[ファイル] > [名前を付けて保存] (またはOneDrive または SharePoint に保存されている場合はコピーを保存) をクリックし、Office Open XML 形式でファイルの新しいコピーを保存します。DOCX, .PPTX、または .XLSX)。

  • このファイルが共有され、他のユーザーが現在編集している場合は、数式をダブルクリックするとダイアログ ボックスが開き、複数のユーザーがファイルを編集している間は変換を実行できないという情報が表示されます。 他のユーザーがファイルを終了すると、数式を変換できます。

数式を変換する方法

数式コンバーターは、2019 年 Microsoft 365 またはOffice使用できます。 数式は正しく表示されるはずですが、数式を編集するには、次のいずれかを実行する必要があります。

ご意見をお待ちしています。

この機能が気に入った場合、特に気に入らない場合は、その機能についてお聞かしたいと思います。 アプリで[ファイル>フィードバック] に移動Office適切なオプションを選択します。 お客様がフィードバック#MEEConverter使用すると、お客様のフィードバックが見つけやすくなります。

また、数式の外観を表示する場合は、ボックスを選択してスクリーンショットを追加してください。

関連項目

以前のバージョンの Word で入力された数式を変更する

演算式または数式を入力する

拡張子: 2017 年 11882 |Microsoft Office破損の脆弱性の

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×