Microsoft App-V 環境での昇格と実行の考慮事項

現象

マニフェストで自動昇格 (mmc.exe など) が指定されているアプリケーションでは、App-v 環境で実行として実行するために、追加の手順が必要になることがあります。  これは、デスクトップへのログオンに使用するアカウントから別の資格情報を使用する必要がある環境で一般的なシナリオです。  たとえば、通常のユーザーアカウントを使用して Windows 7 Professional デスクトップにログオンし、管理者権限を持つ第2のアカウントを使用して、shift キーを押しながら、ショートカットを右クリックし、[別のユーザーとして実行] を選択して、System Center Configuration Manager (ConfigMgr) 管理コンソールを起動することができます。

エラーはアプリケーションによって異なります。  Configuration Manager コンソールの場合、MMC の読み込みに失敗することがあります。エラー:本体の初期化エラー

原因

この動作は仕様です。  Sftlp を呼び出す App-v で仮想化されたアプリケーションへのショートカットが起動された場合 (たとえば、MMCs などの実行不能な画像)、ShellExecute () では、昇格が要求されません。  ショートカットの起動に使用したのと同じ管理アカウントを使用してデスクトップにログオンしている場合、プロセスは正常に昇格されます。

解決方法

回避策 #1-昇格 Powertoy を使用する

  1. Vista の昇格 PowerToyをダウンロードしてインストールする

  2. ショートカットを変更して、コマンドの昇格を使用します。  たとえば、次のコマンドラインを使用します。

"C:\Program Files (x86) \Microsoft Application Virtualization Client\sfttray.exe"/launch "ConfigMgr 1.0"

難しく

C:\Elevation\elevate.cmd "C:\Program Files (x86) \Microsoft Application Virtualization Client\sfttray.exe"/launch "ConfigMgr 1.0"

回避策: #2 で、常に昇格させるように sfttray を構成します。

C:\Program Files (x86) \Microsoft Application Virtualization Client\sfttray.exe を右クリックして、[プロパティ] を選びます。  [互換性] タブをクリックします。  [このプログラムを管理者として実行する] をクリックし、[適用] をクリックして終了します。  これにより、すべての App-v パッケージが管理者特権で実行され、テストにのみ使用されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×