Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この資料では、Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、Microsoft Dynamics CRM 3.0 では、Microsoft CRM 1.2 では、および Microsoft ビジネス ソリューション CRM 1.0 より詳細なエラー メッセージを表示するために web.config ファイルを変更する方法について説明します。

詳細

以下の製品の 1 つ以上のより詳細な (デバッグ) エラー メッセージを受信できます。

  • Microsoft Dynamics CRM Web クライアント

  • Outlook クライアント (Outlook クライアント) に対して、Microsoft CRM 1.2 の販売

  • Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアント

Microsoft CRM の展開では、Web.config ファイルの一方または両方を変更することができます。運用環境でのデバッグ エラー メッセージを使用することはお勧めしません。ただし、役立つこれらのメッセージを Microsoft CRM で発生する問題をデバッグしようとするとします。

Web.config ファイルを変更するには、次の手順を実行します。

  1. Windows エクスプ ローラーで、Web.config ファイルを検索します。

    • Microsoft Dynamics CRM Web クライアントでエラーが発生した場合は、Microsoft Dynamics CRM サーバー上にある Web.config ファイルを変更します。既定では、次のフォルダーのいずれかでこのファイルがあります。

      < システム ドライブ >: \inetpub\wwwroot

      < システム ドライブ >: \Program Files\Microsoft Dynamics CRM\CRMWeb

    • Outlook クライアントに対して、Microsoft CRM 1.2 の売り上げ高でエラーが発生した場合は、クライアント コンピューター上にある Web.config ファイルを変更します。既定では、このファイルは次のフォルダーに配置します。

      < システム ドライブ >: \Program Files\Microsoft CRM\Client\res\Web

    • このオプションでは、Outlook クライアントに対して、Microsoft CRM 1.0 の販売で利用できます。

    • エラーが発生した Microsoft Office Outlook 用 Microsoft CRM desktop client で、または Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM オンラインのクライアントで場合、は、Microsoft CRM サーバー上にある Web.config ファイルを変更します。既定では、次のフォルダーのいずれかでこのファイルがあります。

      < システム ドライブ >: \inetpub\wwwroot
      < システム ドライブ >: \Program Files\Microsoft Dynamics CRM\CRMWeb

    • または Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM のオフライン クライアントで、Microsoft Office Outlook 用 Microsoft CRM laptop client でエラーを受信した場合、は、クライアント コンピューター上にある Web.config ファイルを変更します。既定では、このファイルは次のフォルダーに配置します。

      < システム ドライブ >: \Program Files\Microsoft CRM の Client\res\Web

  2. メモ帳または別のテキスト編集プログラムを使用してファイルを開きます。

  3. ファイルでは、次のステートメントを検索するファイルの末尾に向かってテキストを下にスクロールします。

    < キーを追加する"DevErrors"の値を = ="Off"/>既定では、この値は無効に設定されています。次のようにこの行を変更します。

    < キーを追加する"DevErrors"の値を = ="On"/>ファイルを保存します。

  4. Microsoft Dynamics CRM サーバー上の Web.config ファイルを変更した後は、エラー ウィンドウを閉じて、前のエラー メッセージを発生させたのと同じ操作を再試行してください。詳細な (デバッグ) のエラー メッセージが表示されます。

  5. 後、トラブルシューティングを行うには、手順 1 ~ 4 ステートメントの値を既定の設定をオフに変更するには、詳細な (デバッグ) のエラー メッセージを使用します。現在のステートメントは次のとおりです。

    < キーを追加する"DevErrors"の値を = ="Off"/>

  6. ファイルを保存します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×