Microsoft Dynamics AX 2009 for Retail R2 のドキュメントの修正

現象

Microsoft Dynamics AX 2009 for Retail R2 の最初のリリースには、ドキュメントに関するエラーが含まれていました。 修正された情報については、この記事を参照してください。 エラーの概要は次のとおりです。

  • Microsoft Dynamics Retail ストア Connect のメッセージデータベースは、自動的に作成されました。

    影響を受けるドキュメント: 展開とインストールガイド

  • データベースプロファイルは、ストアとターミナルに直接割り当てることができなくなりました。

    影響を受けるドキュメント: 展開とインストールガイド

  • 小売用店舗の接続を構成する手順が変更されました。

    影響を受けるドキュメント: 展開とインストールガイド、 小売店 Connect テクニカルリファレンス

  • Microsoft Dynamics 小売トランザクションサービスを構成する手順が変更されました。

    影響を受けるドキュメント: 展開とインストールガイド

  • 小売店の接続を監視するプロセスが変更されました。

    影響を受けるドキュメント: 展開とインストールガイド

  • インストール時にエンタープライズポータルを実装するための追加の手順があります。

    影響を受けるドキュメント: 展開とインストールガイド

解決方法

展開とインストールのガイド (2011 年1月)

問題 小売店用 Microsoft Dynamics AX 2009 のインストールと構成は、メッセージングデータベースの復元と権限の割り当てを指します。 Microsoft Dynamics AX 2009 (市販 R2 用) では、そのインスタンスの構成中に、ストア接続インスタンス用にデータベースが作成されます。

21ページの [本社通信サーバー用のチェックリスト] の下にある6行目の箇条書きは、次のようになります。·小売店の接続メッセージデータベースを復元し、小売用ストア Connect ユーザーに db_datareader と db_datawriter の権限を割り当てます。 RSC箇条書きの点を次のように置き換えます。·小売用ストア接続メッセージデータベースは、小売店舗接続の新しいインスタンスを構成するときに自動的に設定されます。 サーバー名、データベース名、ユーザー名の入力を求めるメッセージが表示されます。 RSC

46ページで、"メッセージデータベースの復元" セクションを削除します。

47ページで、[小売店舗接続の構成] の下にある3番目の行頭文字を削除します ("名前を使用している場合...")。

問題 データベースプロファイルは、ストアとターミナルに直接割り当てることはできません。代わりに、配布場所から継承されます。

44ページで、[データベースプロファイルをストアに割り当てる] セクションを削除します。

44ページで、[データベースプロファイルをターミナルに割り当てる] セクションを削除します。

問題 小売店の接続を構成する方法についての説明が正しくありません。

46ページで、「小売店舗の接続を構成する」セクションで、2 ~ 4 の項目を次の手順 (2 から 5) とメモ: 2 に置き換えます。 [小売店舗接続の設定] で、小売店舗 Connect サービスのこのインスタンスの名前を入力します。 既定では、これはコンピューター名です。 [追加] をクリックします。 3. [ メッセージデータベース] プロンプトで、[Retail Store Connect] というインスタンスのメッセージデータベースをホストする SQL Server のインスタンスの名前を入力し、データベースの名前を入力します。 メッセージデータベースがまだ存在しない場合は、小売用ストア接続で作成します。 4. サービスアカウントのプロンプトで、小売用ストア接続サービスのこのインスタンスに使用するユーザー名とパスワードを入力します。 これにより、このリテールストア接続のインスタンスの Windows サービスが作成されます。 サービスはまだ開始しないでください。 5. 既定の設定を使用して、ウィザードの残りの手順を実行します。 これにより、ストアのこのインスタンスはローカルメッセージデータベースに関連付けられます。注意事項

  • 組織内の小売店接続の各インスタンスに一意の名前を使用してみてください。

  • 小売店接続の各インスタンス (1 台のコンピューター上のものを含む) には、固有のポートが必要です。

  • サービスアカウントの資格情報の場合、ユーザー名は [ domain/username] という形式である必要があります。

  • 販売された情報のパッケージを保存して、小売用ストアのコネクトパックビューアーで表示できるようにするには、ウィザードの [サーバーデバッグのプロパティ] ページの [パッケージファイルを保持する] チェックボックスをオンにします。 Pack Viewer の詳細については、「 小売店 Connect テクニカルリファレンス」を参照してください。

  • ウィザードの設定の詳細については、「 小売店 Connect テクニカルリファレンス」を参照してください。

  • Microsoft Dynamics AX 2009 クライアントコンピューターの小売用スケジューラで、[リテールストア接続] のこのインスタンスを使用するように AOS プロファイルを変更します。 詳細については、このガイドの「リテールストア接続の展開」の「AOS プロファイルを設定する」を参照してください。

小売トランザクションサービスの構成のためのIssue-vの手順が正しくありません。

51ページで、"小売トランザクションサービスプロファイルを構成する" の下にある手順3a を削除します。 次に、手順3b を [b] に置き換えます。 [ トランザクションサービスの場所 ] 領域で、小売トランザクションサービスがインストールされているコンピューターの完全修飾名または IP アドレスを入力し、小売トランザクションサービスが使用するポート番号を入力します。 既定では、小売トランザクションサービスのポート番号は1239です。 ただし、次の手順「ポートと AOS サーバーを構成する」の説明に従って変更できます。

51ページで、"小売トランザクションサービスプロファイルを構成する" セクションの後に、次のセクションを追加します。ポートと AOS サーバーを構成する

  1. Microsoft Dynamics Retail インストールフォルダーで、retailtransactionservice ファイルを開きます。

  2. "Port" の値には、リテールトランザクションサービスがリッスンするポートを指定します。

  3. "Objectserver" の値には、AOS のサーバー名を指定します。

  4. ファイルを保存します。

注:トラブルシューティングのために、構成ファイルのログ記録を有効にすることもできます。

問題 小売店での接続の監視が変更されました。

55ページで、「小売店の接続を監視する」セクション全体を次のように置き換えます。小売店の接続メッセージを監視するアップロードオプションを構成する

  1. [ 小売用スケジューラ ] をクリックすると > セットアップ > 店舗の統合 > 小売店舗接続のアップロードオプション。

  2. 小売店でのストアへの接続メッセージをアップロードする頻度を構成します。また、アップロードする小売店でメッセージを接続します。 すべてのメッセージをアップロードするか、エラーメッセージのみをアップロードするかを選択できます。

  3. [ 小売用スケジューラ ] をクリックして > セットアップ > 店舗の統合 > 小売店接続プロファイル。

  4. [ 構成 ] タブの [ 小売用店舗接続のアップロードオプション ] フィールドで、手順2で指定したアップロードオプションを割り当てます。

  5. [ 関数] をクリックし、[ 構成の送信] をクリックします。

メッセージの表示、キャンセル、削除

  1. [ 小売用スケジューラ ] をクリックすると > 定期的 な > ストアの統合 > メッセージの状態を表示します。メッセージデータベースのすべてのメッセージを表示できます。 エラーに関するメッセージをキャンセルすることもできます。 エラーに関するメッセージは、パフォーマンスに影響する可能性があります。

  2. [ 小売用スケジューラ ] をクリックすると > 定期的 な > ストアの統合 > メッセージの削除を行うことができます。不要になったメッセージは削除することができます。 定期的にメッセージを削除すると、メッセージデータベースの領域を節約するのに役立ちます。

問題 エンタープライズポータルの展開手順が表示されない。

62ページで、"アップグレードのチェックリストを完了します" の下にある「手順 11: メモの後に次のメモを追加する」をご覧ください。注 エンタープライズポータルをアップグレードするには、次のいずれかの方法を使用します。

  • AxUpdatePortal ユーティリティを使います。 詳細については、MSDN の記事「 Axupdateportal ユーティリティ」を参照してください。

  • エンタープライズポータルを再インストールします。

小売店 Connect テクニカルリファレンス (2011 年1月)

問題 "サーバー" と "サービス" という用語を使用すると、特定の領域では正しく処理されません。

ページ3の [小売用店舗接続サービスの登録] ページで、最初の箇条書きが次のように読み上げられます。·[ サーバー名]-小売店接続が実行されるサーバーの名前。 既定では、このボックスにはローカルコンピューターの名前が表示されます。 ただし、コンピューターの IP アドレスに解決される任意の名前を使用することができます。この箇条書きを次の行に置き換えます。·[ サーバー名 ] –作成している小売用ストア接続サービスインスタンスの名前。

ページ3の [小売用店舗接続サービスの登録] ページで、4番目の箇条書きの項目が次のようになります。·[ すべてのサーバー ]-小売店接続サービスが実行されているコンピューターの一覧。この箇条書きを次の行に置き換えます。· すべてのサーバー –このコンピューター上の小売用ストア接続サービスのすべてのインスタンスの一覧。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×