Microsoft Dynamics CRM の Outlook クライアントを管理者以外のモードで応答を停止になる可能性があります。

現象

Outlook 用の Microsoft Dynamics CRM クライアントを開こうとしたとき、または Outlook のオフライン アクセス権を持つ Microsoft Dynamics CRM クライアントでオフラインの同期処理をしようとすると、次のようなエラーが発生する可能性があります。

  • Outlook が応答を停止 (点滅) になるし、プロセスを終了する必要があります。


エラーが表示されます: メッセージを受け入れることができる net.pipe://localhost/WebFormService/{guid の乱数} でリッスンしているエンドポイントがありませんでした。これは、アドレスが正しくないまたは SOAP アクションが多く発生します。詳細については、存在する場合は、InnerException を参照してください。

原因

Outlook 用 CRM クライアントは、CRM サーバーとのインターフェイス、プロセスのサービスと通信するように、Windows Communication Foundation (WCF) を利用しています。使用される WCF バインディングは、エスケープ シーケンスは圧縮が基になる名前付きパイプの名前付けの非常に特定の方法です。WCF 4.0 以降では、プロセスに名前を付けるとエスケープ シーケンスは圧縮のエンドポイントの URI を登録するは、階層構造と 2 つのレベルで: 管理者以外のモードと管理者モードです。場合プロセス登録 URI net.pipe://localhost、管理者以外のすべてのプロセスを net.pipe://localhost/WebFormService/{guid の乱数} は CRM のローカル サービスの Web フォームの署名を含むエスケープ シーケンスは圧縮のバインディングの他のサービスにアクセスすることはできません。

解決策

デザインでは、ソリューションはありません。リスナー URI net.pipe://localhost/で、WCF サービスはありません。ただし 2 つ回避策は、状況が true の場合です。

検索するのにはどのプロセスが net.pipe://localhost/で、リスナーを保持している出力を以下の手順。



  • フォルダーに Handle.zip を解凍する (例: c:\sysinternals)


  • 管理者として cmd.exe を開く


  • Handle.exe (cd の c:\sysinternals など) を解凍したフォルダーに移動します。


  • このコマンドを実行します。



handle "net.pipe:EbmV0LnBpcGU6Ly8rLw=="
  • 一致するものがある場合は分かります実行可能ファイル名および PID として以下のサンプル出力。




StandAloneService.exe pid: 10724  type: Section   318: \BaseNamedObjects\net.pipe:EbmV0LnBpcGU6Ly8rLw==


回避策 1


以前のバージョンとして指定された net.pipe://localhost をリッスンしているファイル (またはサービス) を検索し、Outlook の実行中に停止します。



回避策 2(あまり推奨)


Outlook 用の Microsoft Dynamics CRM クライアントを起動した場合、デザインとして動作する Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントをローカルの管理者権限 (Outlook と管理者として実行を選択] を右クリックする)、およびエラーなしでオフラインでの同期プロセスを使用することができます。

詳細

WCF の名前付きパイプは名前付きではなく、実際の windows オブジェクトの名前を検索する方法)
http://blogs.msdn.com/b/rodneyviana/archive/2011/03/22/named-pipes-in-wcf-are-named-but-not-by-you-and-how-to-find-the-actual-windows-object-name.aspx?wa=wsignin1.0

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×