Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 12 に Outlook の予定のプライベート プロパティを同期します。

詳細

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 12 では、Microsoft Dynamics CRM 2011 に Office Outlook の予定のプライベート プロパティを同期する機能を追加します。

Microsoft Dynamics CRM データベースでは、ismapiprivate 機能をサポートする活動のテーブルにismapiprivate列をします。

Outlook クライアント側の Microsoft Dynamics CRM では、上に対応する Microsoft Dynamics CRM 活動予定 (予定、定期的な予定、サービスの予定) のプライベート フラグを同期する必要があるかどうかを決定するレジストリ キーを使用する必要があります。

この機能を有効にするには。

1. [スタート]、実行] をクリックし、regedit と入力して

2. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MSCRMClient のレジストリの場所に移動します。

3. 00000001 の値を持つ DWORD IsMapiPrivatePropertySupportedを追加します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×