Microsoft Dynamics RMS ストア操作 QuickBooks の統合を構成する方法

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

Microsoft Dynamics 製品管理システム (RMS) の店舗運営には、intuit 社の QuickBooks を直接処理するための統合が含まれています。QuickBooks の唯一のサポートされているエディションは、QuickBooks のプロです。QuickBooks の他のエディションが動作することがあります。ただし、テストされていない、したがってはサポートされません。

QuickBooks Pro の次のバージョンがサポートされています。

  • QuickBooks 2009 年

  • QuickBooks 2010

  • QuickBooks 2011

  • QuickBooks 2012

  • QuickBooks 2013

  • QuickBooks 2014

  • QuickBooks 2015

  • QuickBooks 2016

注:

  • QuickBooks と店舗運営の両方を同じコンピューターで実行しなければなりません。

  • ユーザー アカウント制御 (UAC) が有効になっているオペレーティング システムでは、ストアの操作のマニフェスト ファイルに変更を加えるにする必要があります。

    UAC が有効になっているオペレーティング システムとの統合が動作するように、ストア オペレーション マネージャーのマニフェスト ファイルを更新するのには、次の手順に従います。

    1. 次の場所に SOManager.exe.Manifest ファイルを見つけます。

      C:\Program ファイル小売管理 System\Store の操作

    2. メモ帳でファイルを開くし、このセクションに次の変更を加えます。

      <requestedExecutionLevel level="requireAdministrator"></requestedExecutionLevel>

      このセクションを次のように変更します。

      <requestedExecutionLevel level="AsInvoker"></requestedExecutionLevel>

ストア操作 QuickBooks の統合には、次の 5 つの段階が含まれています。

  1. 店舗運営との対話を QuickBooks を構成します。

  2. QuickBooks を操作するストアの操作を構成します。

  3. QuickBooks からデータをインポートします。

  4. ストア オペレーション ・ マネージャーでの総勘定元帳勘定を割り当てます。

  5. 会計をエクスポートし、QuickBooks に直接注文データを購入します。

インストールを完了すると、直接、QuickBooks 総勘定元帳の会計データをエクスポートできます。また、QuickBooks の部品としては、クローズした発注書をエクスポートできます。

Microsoft Dynamics 製品管理システムのテクニカル サポートできないについてアドバイスします。 するテーブルを、一般的なの元帳アカウントの割り当てを設定するにはどのように、または QuickBooks へデータを転記するとします。 テクニカル サポートでは、資格のある専門家からアドバイスを取得することを強くお勧めします。 のみ、この資料には、QuickBooks で店舗運営を統合するための情報が含まれています。

はじめに

QuickBooks を店舗運営に統合する方法について説明します。

詳細

段階 1: 店舗運営との対話を QuickBooks を構成します。

  1. QuickBooks を開始します。

  2. [標準] ツールバーの [アカウント] をクリックを一覧表示、] をクリックしてやアカウントのグラフを表示するのには、グラフのアカウント] をクリックします。

  3. ストアの操作で追加する必要がありますアカウントを表示するには、ストア オペレーション ・ マネージャーを起動する

  4. ] をクリックします。

  5. 編集] をクリックしを追跡することができます任意のアカウントを追加するのには新しいアカウント] をクリックします。 たとえば、売上、コミッション、および (COGS) を各部門の売却済商品のコストを追跡する場合は、アカウントを追加します。

  6. QuickBooks で追加する必要がある 2 つのアカウントもあります。 詳細については、手順 5 を参照してください。

  7. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。

  8. QuickBooks では、トランザクションごとに 1 つ以上の買掛金や売掛金勘定アカウントのアカウントの種類を許可されていません。 したがって、その他の流動資産を使用する必要があり、アカウント売掛金勘定と買掛金勘定ではなく、その他の流動負債を通常は新しいアカウントを設定する場合はこの種類のアカウントを使用しています。

  9. 編集] をクリックし、売上税支払の新しいアカウントを作成する新しいアカウントをクリックします。 この名前は、QuickBooks の既定のアカウントとは異なるである必要があります。たとえば、売上税の買掛金アカウントの名前を付けます。

  10. 店舗運営における売上税勘定のいずれかを割り当てると、QuickBooks の既定の売上税の勘定を使うことはできません。 QuickBooks では、新しい売上税アカウントを作成する必要があります。

  11. アカウントの種類他の流動負債をクリックします。

  12. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。

  13. 編集] をクリックし、新しいアカウント売掛金勘定アカウントを作成する新しいアカウント] をクリックします。 この名前は、QuickBooks の既定のアカウントとは異なるである必要があります。 AR. のアカウントの名前など

  14. ストア アカウントを割り当てると、QuickBooks の既定のアカウントの売掛金勘定アカウントを使うことはできません: 支払またはストア アカウント: 店舗運営のアカウントに支払われます。QuickBooks の標準的なアカウント売掛金勘定アカウントの種類には、店舗運営より多くの情報が必要ですので、QuickBooks で新しいアカウントの売掛金勘定アカウントを作成する必要があります。

  15. アカウントの種類他の流動資産をクリックします。

  16. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。

  17. 入出金予定のアカウントに使用するアカウントを決定します。 QuickBooks の部品表を作成するとき、このアカウントはアカウント買掛金アカウントをオフセットします。か、経理担当者は、このアカウントを決定します。

  18. 店舗運営の入出金予定のアカウントを割り当てるときは、QuickBooks の買掛金勘定の既定のアカウントを使用できません。 決済済の購買注文を転記するときに、店舗運営は QuickBooks の買掛金勘定のアカウントに自動的に転記します。したがって、別のアカウントを選択する必要があります。

  19. 部品アカウントに登録されているアカウントのいずれかを使用しない場合は、作成する必要があります。 アカウントが既に存在する場合に、「第 2 部: QuickBooks と対話する、店舗運営を設定」セクション。

  20. 編集] をクリックし、新しいアカウントを作成する新しいアカウントをクリックします。

  21. 種類] ボックスの一覧で、アカウントの種類をクリックします。

  22. または、経理を担当するアカウントの種類を決める必要がありますが、買掛金勘定は使用できません。

  23. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。

  24. 仕入先または顧客は、このアカウントに割り当て場合、は、転記の際にエラーがあります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×