現象

現在分岐で Microsoft システム センター構成マネージャーは、バージョン 1806 1810 年に更新した後、Microsoft Intune コネクタ証明書の更新処理が失敗します。

この問題では、Microsoft Intune によってハイブリッド モバイル デバイスの管理環境を持つ顧客に影響します。サービス接続ポイントは、Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターにインストールされている場合は、問題が発生します。

次のようなエラー メッセージが記録されますさらに、DMPUploader のログ。

例外: ['System.__ComObject' で 'CERTENROLLLib.CX509PrivateKey' のインターフェイス型への型のオブジェクトは COM をキャストすることができません。IID '{728AB362-217D-11DA-B2A4-000E7BBB2B09}' を持つインターフェイスの COM コンポーネントに対して QueryInterface 呼び出しが次のエラーにより失敗したため、この操作が失敗しました: インターフェイスがサポートされていません (HRESULT からの例外: 0x80004002 (場合)).]

更新処理は、証明書の有効期間の半分の位置から開始されます。証明書が有効期限が切れた後、更新が失敗した場合、構成マネージャーは、Microsoft Intune に接続できません。

DMPUploader.log には、次のログ エントリは、正常な更新を示します。

コネクタ証明書が更新されます。

次のエントリには、既に期限が切れた証明書を示しています。

Web 要求のサービスの場所の Url 例外 System.Net.WebException: リモート サーバーがエラーを返しました: (403) 許可されていません ~ ~。 System.Net.HttpWebRequest.GetResponse() で ~ ~ Microsoft.ConfigurationManager.DmpConnector.Connector.SccmProxyGenerator.GetRestUserAuthLocationServiceResponse() で

この問題を回避するには、この更新プログラムを適用します。Microsoft Intune 接続を再確立するのには手動で更新するのには既に有効期限が切れて証明書があります。

期限切れの証明書の場合、次のオプションのいずれかの方法を使用します。

修正プログラムの情報のシステム センター構成マネージャーで、バージョン 1806 1810

この修正プログラムは、 Microsoft Intune によってハイブリッド モバイル デバイスの管理環境を使用してバージョン 1806 1810 サイトの構成マネージャーのコンソールの更新プログラムおよびサービス] ノードでのインストールに使用できます。

1810 のバージョンでお客様には、修正プログラム 4487997 への参照が表示されます。これが必要です。必要なすべての情報 4487960 の修正プログラムに含まれます。

サービス接続ポイントがオフライン モードの場合は、構成マネージャー コンソールで表示されているように、更新プログラムを再インポートする必要があります。

詳細については、[構成マネージャーのコンソールでの更新プログラムをインストール] を参照してください。

再起動に関する情報

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Microsoft.configurationmanager.dmpconnector.connector.dll

5.0.8692.1511

130,456

29-Oct-2018

01:10

x86

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Microsoft.configurationmanager.dmpconnector.connector.dll

5.0.8740.1020

130,456

04-Jan-2019

01:25

x86

詳細

2018 年 8 月 14日現在ハイブリッド モバイル デバイス管理では使用されなくなった機能です。2019 年 9 月 1日に、残りのハイブリッド MDM デバイスは、ポリシー、アプリケーション、またはセキュリティ更新プログラムには表示されません。詳細についてを参照してくださいこの Intune サポート チームのブログ記事

関連情報

構成マネージャーのコンソールで更新プログラムをインストールします。

サービス接続ポイントは、Microsoft Intune サービスにどのような認証をするでしょうか。

マイクロソフトを使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×