Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用してボイスメールを確認する

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用してボイスメールを確認する

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」を参照してください。

キーボードとスクリーンリーダーで Microsoft Teams を使用して、ボイスメールを確認します。 JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

ボイスメールを確認する

  1. JAWS を使用している場合は、最初に仮想カーソルモードを有効にします。 手順については、「 JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。 仮想カーソルのオンとオフを切り替えるには、SR + Z キーを押します。

  2. Microsoft Teamsで、Ctrl キーを押しながら5キーを押して [通話] ビューにアクセスします。 "連絡先" と読み上げられます。

  3. "ボイスメール" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。 フォーカスがボイスメールのテーブルに移動します。

  4. ボイスメールの表には、各ボイスメールメッセージの発信者、時間、日付、時刻が一覧表示されます。 ボイスメールテーブル内を移動するには、上下の方向キーを押します。

  5. ボイスメールを再生するには:

    • JAWS で enter キーを押し、"ボイスメールの再生" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

    • NVDA で enter キーを押し、"その他のオプション" と読み上げられるまで右方向キーを押し、"ボイスメールの再生" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照して移動する

Microsoft Teams on Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーンリーダーである VoiceOver を使用して、ボイスメールを確認します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「Microsoft Teams のキーボードのショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

ボイスメールを確認する

  1. Microsoft Teamsで、Command + 5 キーを押して [通話] ビューにアクセスします。 "連絡先" と読み上げられます。

  2. "ボイスメール" の後に新しいボイスメールの数が聞こえるまで、下方向キーを押します。

  3. Return キーを押します。 フォーカスがボイスメールのテーブルに移動します。

  4. ボイスメールの表には、各ボイスメールメッセージの発信者、時間、日付、時刻が一覧表示されます。 ボイスメールテーブル内を移動するには、上下の方向キーを押します。

  5. ボイスメールを再生するには、Return キーを押して、"ボイスメールの再生" と読み上げられるまで右方向キーを押してから、もう一度 Return キーを押します。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照して移動する

キーボードとスクリーンリーダーを使用して、ブラウザーで Microsoft Teams on the web を使ってボイスメールを確認します。 ここでは、ナレーター、JAWS、および NVDA でテストしていますが、他のスクリーンリーダーと共に使用できるのは、一般的なアクセシビリティ標準と手法に準拠しているためです。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 最新バージョンの JAWS には、Microsoft Teams の既定値として設定された仮想 PC カーソル モードはなくなりました。 仮想 PC カーソル モードをオンにする方法については、「JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。

ボイスメールを確認する

  1. JAWS を使用している場合は、最初に仮想カーソルモードを有効にします。 手順については、「 JAWS 仮想カーソルを有効にする」を参照してください。 仮想カーソルのオンとオフを切り替えるには、SR + Z キーを押します。

  2. Microsoft Teamsで、Ctrl キーと Shift キーを押しながら5キーを押して、[通話] ビューにアクセスします。

  3. ナレーターと NVDA で、"ボイスメール" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

    JAWS で、"通話一覧" と読み上げられるまで R キーを押し、"ボイスメール" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを2回押します。

    フォーカスがボイスメールのテーブルに移動します。 表には、各ボイスメールメッセージの発信者、期間、日付、時刻が一覧表示されます。

  4. 最新のボイスメールメッセージが選択されます。 このメッセージを再生するには、Enter キーを押し、"ボイスメールの再生" と読み上げられるまで下方向キーを押してから、もう一度 enter キーを押します。

  5. 表内の他のボイスメールメッセージに移動するには、下方向キーを押します。

関連項目

Microsoft Teams でスクリーンリーダーを使用して通話の発信と応答を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用してチャットをする

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照、ナビゲートする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×