Microsoft UE-V でのローミング Outlook 署名の制限事項について

概要

Microsoft Outlook のメール署名設定を構成する方法についての情報は、Microsoft User Experience Virtualization (UE-V) ユーザーによって頻繁に要求されます。 UE-V のレプリケーションメカニズムはファイルとレジストリの変更の設定のみに依存するため、この種類のレプリケーションをサポートしていない場所に保存されている情報の移行にはいくつかの制限があります。 1つの場所が Outlook MAPI プロファイルです。 この制限事項は、2007 Microsoft Office、Microsoft Office 2010、および Microsoft Office 2013 スイートで UE-V を正常に統合するために理解しておく必要があります。

詳細情報

Microsoft UE-V 1.0 Service Pack 1 (SP1) および Microsoft UE-V 2.0 には、2007 Microsoft Office と Microsoft Office 2010 スイートの設定場所のテンプレートが含まれています。 Ue-v のでは、ue-v 2.0 の Microsoft Office 2013 テンプレートを見つけることができます。 これらのテンプレートは、%appdata%\Microsoft\Signatures フォルダーにある署名ファイルをキャプチャすることで、Outlook の署名を複製します。署名ファイルは、すべての MAPI アカウントで共有されます。 ただし、既定の署名は Outlook MAPI プロファイルの特徴です。 Outlook では、レジストリのインポートとエクスポートの操作による MAPI プロファイルの移行はサポートされていません。 そのため、UE-V は、MAPI プロファイル設定のキャプチャまたは複製を試みません。 関連情報については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。

Microsoft UE-V での API プロファイルの移行はサポートされていませんOutlook プロファイルはレジストリに格納されていますが、既定の署名 (メールアカウントごと) の設定は簡単に見つけることができるようになっていますが、この設定の場所は特定の Exchange メールアカウントでは予測できません。 この設定は、異なるコンピューター上の異なる場所にある可能性があります。 そのため、設定を UE-V でローミングすることはできません。Outlook の既定の署名設定に加えた変更は、別の方法 (移動プロファイル、Profgen、Newprof など) で設定する必要があります。設定場所テンプレートの次のコード行は、署名ファイルをキャプチャするために使用されます。

<File><Root><EnvironmentVariable>APPDATA</EnvironmentVariable></Root><Path Recursive="true">Microsoft\Signatures</Path></File>

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×