Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition のセットアップの問題 Readme ファイルの内容

マイクロソフト内部サポート情報

BUG #: 45988 (コンテンツ管理)

この資料のマイクロソフトの Visual Studio 2005 Professional Edition と Standard Edition のバージョン、 を参照してください。

概要

この資料には、Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition のセットアップの問題 Readme ファイルが含まれています。

詳細

このドキュメントは、インストール、アンインストール、修復、およびその他のセットアップ手順に関する問題を一覧表示します。

1. すべての Visual Studio Express 製品

1.1. システム要件

高速 2005 の Visual Studio をインストールするためのシステム要件

プロセッサ

最小:

  • 600 メガヘルツ (MHz) の Pentium プロセッサ

お勧めします。

  • 1 ギガヘルツ (GHz) の Pentium プロセッサを推奨しました。

オペレーティング システム

Visual Studio 2005年は、次のシステムのいずれかにインストールできます。

  • マイクロソフトの Windows 2000 Professional SP4

  • マイクロソフトの Windows 2000 Server SP4

  • Microsoft Windows 2000 Server SP4 の詳細

  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server SP4

  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition (WOW)

  • Microsoft Windows XP プロフェッショナル SP2

  • Microsoft Windows XP Home Edition SP2

  • Microsoft Windows XP のメディア センターの Edition 2002 SP2

  • Microsoft Windows XP メディア ・ センター版 2004 SP2

  • Microsoft Windows XP のメディア センターの Edition 2005

  • Microsoft Windows XP のタブレット PC Edition SP2

  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition SP1

  • Microsoft Windows Server 2003 では、エンタープライズ版の SP1

  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition SP1

  • Microsoft Windows Server 2003 Web Edition SP1

  • Microsoft Windows Server 2003 では、標準の x64 Edition (WOW)

  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition (WOW)

  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter x64 Edition (WOW)

  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Standard Edition

  • Microsoft Windows Server 2003 R2 の、標準的な x64 Edition (WOW)

  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Enterprise Edition

  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Enterprise x64 Edition (WOW)

  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Datacenter Edition

  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Datacenter x64 Edition (WOW)

  • Microsoft Windows Vista

Intel Itanium (IA64) 上の Visual Studio 2005 のインストールはサポートされていません。

RAM1

最小:

  • 192 メガバイト (MB)

お勧めします。

  • 256 MB

ハード ディスク2

最大 1.3 GB の空き容量が必要になる場合があります。

CD ドライブまたは DVD ドライブ

必須ではないです。

ディスプレイ

最小:

  • 800 x 600 256 色

お勧めします。

  • 1024 x 768 High Color の 16 ビット

マウス

Microsoft マウスまたは互換性のあるポインティング デバイス

1.1.1。 パフォーマンスを向上させる


パフォーマンスは最小システム構成用に調整されていません。コンピューターの RAM を増やすと、特にと大規模なプロジェクト、またはエンタープライズ レベルの開発を行う、複数のアプリケーションを実行するとき、そのパフォーマンスが向上します。

1.1.2。 インストール ドライブ


Express のインストーラーを起動するとデフォルトのインストール場所は、システムをブートするドライブ、システム ドライブです。 ただし、任意のドライブにアプリケーションをインストールできます。アプリケーションの環境では、インストール プロセスは、システム ドライブ上のいくつかのファイルをインストールします。 その結果、必要な領域量のシステム、アプリケーションの場所であることを確認し、アプリケーションをインストールするドライブ上に追加の空き領域があることを確認します。

1.2 Express エディションをアンインストールします。


インストールした場合、Visual Studio 2005 では、Beta 2 またはコミュニティ テクニカル プレビュー (CTP) などの以前のバージョンのビルドし、Visual Studio 2005 Express Edition 製品をインストールする前に次に示す手順を実行する必要があります。

  1. コントロール パネルに移動し、プログラムの追加と削除を起動します。

  2. "Microsoft SQL Server 2005 Express Edition"を削除します。

  3. "Microsoft SQL Server 2005 ツールの Express エディション"を削除します。

  4. "Microsoft SQL Native Client"を削除します。

  5. "Microsoft MSDN Express のライブラリ 2005年のベータ版"を削除します。

  6. すべて Microsoft Visual Studio Express Edition (Visual C# 2005 Express Edition Beta) などを削除します。

  7. 「Microsoft Visual Studio 2005 リモート デバッガーのライト」(ここでは 64 ビット コンピューターに Visual Studio がインストールされている場合にのみ必要です) を削除します。

  8. Microsoft Visual j# .NET 再頒布可能な 2.0 ベータ版言語パック」(この手順は不要、英語版のみがある場合) を削除します。

  9. "Microsoft Visual j# .NET 再頒布可能パッケージ 2.0 Beta"を削除します。

  10. Visual Studio 2005 のすべての製品、システムから削除されたことを確認します。

  11. 「Microsoft.NET Framework 2.0 のベータ版の言語パック」(この手順は不要、英語版のみがある場合) を削除します。

  12. "Microsoft.NET Framework 2.0 Beta"を削除します。

Visual Studio Express Edition 2005 をインストールするための準備として、コンピューターをクリーンアップするために役立つツールをダウンロードするには、このを参照してください。注意してください: このツールがサポートされていないか、マイクロソフトでは十分にテストします。 これは無料のツールであり、自己の責任において使用する必要があります。 保証やサポートが提供される、表現または暗黙のです。

使用する Visual Studio 2005 Express Edition 製品をインストールすることがありますようになりました。

次の手順を実行した後、またはアンインストールの処理の詳細については、問題がある場合は、次のページを参照してください: します。また、 を参照してくださいし、特定の問題を報告できます。

1.3. 製品のインストール

1.3.1 Intel Itanium (IA64) 上の Visual Studio 2005 のインストールはサポートされていません。


Visual Studio 2005年は、Intel Itanium (IA64) プロセッサをサポートしていません。

この問題を解決するのには

Itanium アプリケーションを開発する場合は、別のコンピューターに Visual Studio をインストールし、クロス コンパイラを使用して、Itanium プラットフォームを対象とします。

1.3.2 SQL Express のインストールには、プレリリース版の SQL Express コンポーネントがアンインストールされない場合が失敗した場合します。


次のリリース前の SQL Express コンポーネントのいずれかのコンピューター上に残っている場合、SQL Express のコンポーネントのセットアップが失敗します。

「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition」

「Microsoft SQL Server 2005 ツールの Express エディション」

"Microsoft SQL Native Client"ほとんどの場合、セットアップには、対象となるコンピューター上で検出された Beta コンポーネントの一覧のみが表示されます。ただし、SQL Express のコンポーネントは常にこの一覧に表示他のベータ版のコンポーネントが検出された場合。つまり、これらの SQL Express コンポーネントは、ユーザーがそれらをアンインストールした後も一覧に表示でした。

この問題を解決するのには

一致する.NET Framework のベータ版は次の手順を実行する前にコンピューター上にあることを確認するには。

  1. "Microsoft SQL Server 2005 Express Edition"を削除します。


  2. "Microsoft SQL Server 2005 ツールの Express エディション"を削除します。

  3. "Microsoft SQL Native Client"を削除します。

アンインストールされている場合は、これらのコンポーネントについてベータ警告メッセージを無視することがあります。

1.3.3 Virtual PC 環境でマウントされたドライブからインストールする場合セットアップが失敗します。


仮想マシンでは、Visual Studio 2005 をインストールする、特定のファイルにアクセスできないために、セットアップが失敗します。
これは、Virtual PC に付属する CD ドライブ マウント ソフトウェアを使用してドライブをマウントまたはマウント ソフトウェアは 2.2 ギガバイトのデータのみをサポートするため、Visual Studio 2005 のメディアは、DVD の場合に発生します。

この問題を解決するのには

サード ・ パーティ製の DVD ドライブ マウント ソフトウェアを使用することができます。代わりに、Visual Studio 2005 の DVD の内容をコンピューターのハード ドライブにコピー、仮想 PC にフォルダーを共有する、し、フォルダーに Visual Studio 2005 のインストールのセットアップに指示できます。

1.3.4 が Visual Studio 2005 の以前のリリースからアップグレードします。


まず、ありがとうございます、プレリリース版のテストは、Beta 1、Beta 2 またはコミュニティ テクニカル プレビューでは、これをインストールして最終リリース バージョンをご支援することにより、Visual Studio 2005 のリリースに貢献しています。ただし、最終リリースのセットアップでは、プレリリース バージョンのアンインストールはできません。最良の結果を得るには、リリース前のバージョンの Visual Studio 2005 が既にインストールされていないコンピューターをクリーンにインストールするをお勧めします。公式にサポートされていません、シナリオをアンインストールすることを確認しようとし、可能ないくつかのように問題があるにリリースされたバージョンに Visual Studio 2005 の Beta 2 から再インストールします。Visual Studio 2005 のベータ 2 をアンインストールするには、このリリース ノートのセクション 1.2 に記載の順序でアンインストールまたは、を使用する必要があります。ほとんどの Beta 2 プロジェクトは、最終リリース バージョンで継続して使用できます。上位互換性に必要な変更の詳細については、このを参照してください。

この問題を解決するのには

Visual Studio 2005 beta がインストールされている製品版をインストールする場合、この readme のセクション 1.2 に記載の順序でアンインストールまたは、アンインストール ツールを使用する必要があります。

1.3.5 runas コマンドが失敗すると Visual Studio 2005 を使用してをインストールします。


管理者としてログインしている場合を除き、Visual Studio 2005 をインストールするのには、runas コマンドを使用することはできません、失敗します。管理者以外のサポートはインストール後に Visual Studio 2005 を実行しています。

この問題を解決するのには

Visual Studio 2005 をインストールするのには管理者としてログインします。

1.3.6 Visual Studio 2005 の CD からのインストールは失敗します。ネットワーク インストールが要求されます。


Visual Studio 2005 が収録したメディアが不良の場合、正しくインストールできない可能性があります。

この問題を解決するのには

Cd または Dvd からセットアップを実行する代わりに、ネットワーク共有から Visual Studio 2005年セットアップを実行する可能性があります。次の手順は、Visual Studio 2005 をネットワーク共有からインストールを準備する方法を示しています。プロシージャは、Visual Studio 2005 Cd ですが、手順は、dvd の場合と同じです。

  1. サーバー上のフォルダー (たとえば、: VS2005) を作成します。

  2. 最上位のフォルダー内に VS と MSDN をという名前の 2 つのサブフォルダーを作成します。次に例を示します。
    VS2005\VS
    VS2005\MSDN.

  3. VS2005\VS フォルダーには、Visual Studio 2005 Cd の内容をコピーします。既存ファイルを上書きする場合は [はい] を選択します。

  4. Visual Studio 2005 MSDN ライブラリMSDN という名前のサブフォルダーというラベルの付いたすべての Cd の内容をコピーします。既存ファイルを上書きする場合は [はい] を選択します。

  5. メモ帳などのテキスト エディターを使用して、VS サブフォルダー内のSetup.iniを開きます。

  6. 始まる行を変更する [ドキュメント] セクションで、"DIR ="次のようにします。[Documentation]
    DIR=..\MSDN

  7. 変更内容を保存し、ファイルを閉じます。

  8. この手順を完了すると、セットアップ中にディスク スワップ要求を防ぐことがし、MSDN ライブラリの Cd への正しいパスがセットアップ プログラムを通知します。

  9. VS サブフォルダー内には、Setup フォルダーを開きます。

  10. メモ帳などのテキスト エディターで setup.sdb を開き、ファイルの末尾に次の行を追加します。[Product Key]
    XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

  11. XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX 25 桁のプロダクト キーでは、入力すると、ハイフンを付けず、CD のパッケージに。

  12. 変更内容を保存し、ファイルを閉じます。

  13. この手順を完了するには、ネットワーク共有からインストールしたユーザーのプロダクト キーを事前に入力ができるようにします。

  14. ネットワーク上での VS2005 フォルダーを共有し、適切なセキュリティ設定を設定します。ネットワークからは、Visual Studio 2005 のセットアップへのパスが \\[servername]\VS2005\VS\setup.exe のようになります

  15. パスとファイル名の組み合わせが 260 文字を超える場合、セットアップは失敗します。Visual Studio 内のパスの最大長は、221 文字です。70 未満の文字を含むパスにファイルをコピーする必要があります。ネットワーク イメージ用のネットワーク共有を作成する場合は、ルートのインストール場所への UNC パスに 39 文字未満の文字が含まれている必要があります。

  16. このパス内のフォルダー名などの文字を含む場合に、セットアップが失敗する可能性があります。\\[servername]\VS2005\MSDN\
    \\[servername]\VS2005\Visual Studio\

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×